ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ツイッター不調、学校基本調査の速報

 ツイッターが一昨日の夜にダウン。昨日から他の人は回復しています。
 ところが自分のは、読めはするのですが、書き込みはできず。

 再起動などをしてもダメなので、しばらくほおっておきます。ぼちぼち面白いと思うようになったので残念。

 木曜に学校基本調査の速報値が入ってきました。

 文部科学省・平成21年度学校基本調査速報

 注目ポイントをいくつか。

①学校数
 大学は773校(国立86、公立92、私立595/私立の割合77.0%)
 短大は406校(国立2、公立26、私立378/私立の割合93.1%)

 大学数は8校増加で史上最高、短大数は11校減少で史上最低。

②高校生の進学率
 大学等進学率は53.9%(前年52.8%、1.1%増加)
 専修学校進学率は14.7%(前年15.3%、0.6%減少)
 就職率は18.2%(前年19.0%。0.8減少)

③就職率
 大学卒業者の就職率は68.4%(前年69.9%、1.5%減少)
 大学院等進学率は12.2%(前年12.1%、0.1%増加)
 専修学校・外国の学校等進学率は1.8%

 就職率はリーマンショックが4年生秋に起きたので影響は軽微とも言われていました。就職率もほぼ横ばいとの観測もあったほど。それが1.5%のダウン。
 理由はリーマンショック以外に、元々の採用者数を企業側が絞っていたことが考えられます。

 現在4年生の就職率はさらに下がることが予想されています。
 では現在の3年生や2年生はどうか、というとこれは正直読めません。

 昨日も学生のインタビューで聞かれたのでそう答えました。
 順当に考えれば、緩やかに落ちて、60%台前半をうろうろするあたりでしょう。

 ただ、今度の総選挙で民主党が政権を取ると大きく変わります。
 重点政策は子育て・教育支援、高速道路の無料化・暫定税率の廃止、ムダな公共事業の廃止、地球温暖化対策、年金・医療改革など。

 民主党マニュフェスト

 子育て・教育支援政策がうまく行けば教育産業が興隆します。
 高速道路の無料化・暫定税率の廃止は流通産業・陸運業界が恩恵を受けますし、温暖化対策・医療改革は医療業界や環境関連業界がそれぞれ恩恵を受けます。

 ムダな公共事業廃止などで財政が好転すれば、外国人投資家が資金を日本市場に投資してくれることになります。

 もちろん、いずれも民主党政権になって、すべてうまく行った場合の話です。自民・公明の政権与党は

 「民主党政権になれば日本は大混乱する」

 と批判していますし、その批判が当る可能性もあります。

 就職状況に話を戻すと、どちらの政権になるか、そして政策がうまく行くのか行かないのか、これによって大きく変わるでしょう。願わくば、どちらの政権であっても、良い方向に行って欲しいものです。
by reiji0 | 2009-08-08 10:15 | 日記