ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

訪問販売との戦い・続

 一ヶ月ほど前の続き。訪問販売について。

 実はいまだに尾を引いています。大家夫人が言うには、

 「話を聞くくらい良かった。あんたは疑いすぎだ」

 実は前回の記事で書かなかったことが。
 まず、営業マンの飛び込み営業ではなく、電話での案内がありました。
 そのとき、電話をした案内嬢だかが実に巧妙なことを言っています。
 それは、

 「もしよろしければ、ご主人様ご同席でご説明させてください」

 細かい事情を飛ばして言いますと、大家夫人は結婚していません。戸籍謄本や住民票などを調べればすぐ分かる話です。にも関わらず「ご主人ご同席」。これはどういうことか?

 前もって、購入可能性のある人物をリストアップ
 ↓
 特に高齢者で独身女性を狙い撃ち
 ↓
 調査の上で電話。そこで「ご主人ご同席」発言
 ↓
 相手に飛び込みの電話営業でかつ誠実さを印象付けさせる
 ↓
 営業マンが行けば、あとはうまく落とすだけ
 ↓
 高額な契約に成功

 私はこう読みました。だって、数万円程度の商品ならともかく、数百万円以上の商品(ソーラーパネル)ですよ?戸籍謄本や住民票くらいは調べるでしょう。漫画実話ナックルズなどの読みすぎかもしれませんが、私が逆の立場ならそれくらいはします。

 私がそれくらいを思いつく、ということは人によってはもっと巧妙な方法を思いつくかもしれません。

 おお、こわっ!

 という説明を大家夫人にすると、これがまあ信じてくれない。

 大家夫人「あんたは人を疑いすぎなのよ!」

 いやいやいや、逆になぜそこまで信じられるのか。一ヶ月たつのにいまだにぶちぶち言っています。
 私が大家夫人に数百万円の損害を負わせたのではなく、数百万円という高額なムダ遣いを防いだのに、なぜ文句を言われなきゃならんのか?

 困ったことに、同じ話を何度もしないと気がすまない人なので、まだしばらくは続きそうです。

 皆さんもご家族・ご親戚の方がこういう怪しい話にひっかからないか、たまには連絡してみてはどうでしょうか?



 公共広告機構の2009年CM「したたかおばあさん」。ちょっとほろりときます。

 
by reiji0 | 2009-08-23 17:25 | 日記