ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2009総選挙の政党CM比較

 投票まであと1週間を切り、民主党が300議席を越えたとか越えないとか、色々と盛り上がってきました。

 個人的信条はおくとして、今回は政党CMの比較を。

 まずは第一党躍進が予想される民主党。

 民主党CM集(民主党サイトより)

 正直、可もなく不可もなく。メッセージ性はそこそこ。
 民主党CMは2007年参議院選のが良かったです。



 終盤戦に流した「変えていくチカラ」CM(国民が一人ひとり机を叩き、最後に小沢代表の厳しい顔で「生活が第一」)も好印象です。

 大外れだったのは2005年総選挙。岡田克也代表はいいのですが、「日本をあきらめない」というメッセージが分かりづらい。

 社民党は意味不明。笑いながら走って「生活を建て直そう」と言われてもねえ。うしろの若者(?)もにやついていてあまり切実感なさそうな。

 共産党はテレビCMは合格点。「今こそ」というメッセージがいいですね。それに対して、ネットCMはもうちょっと何かないの、という印象。

 イーゼル編は単に国会議事堂があちこちで写っているだけだし、「思いやり予算2800億円を国民に」と言っても、じゃあ日米安保はどうなる、それに2800億円程度じゃ何もできないだろ、というツッコミが入っておしまい。オバマ政権の話もじゃあ何だ、という印象。

 うまいな、と思ったのは公明党。民主党に対するネガティブキャンペーンCMですが、品のいい、佳作に仕上がっています。

 公明党CM・「永田町学院小学校」シリーズ(公明党サイト・CM集)

 第2話「正直に生きよう」編なんか、結構パンチがありますね。
 うまいのは、単にネガティブキャンペーンを仕掛けるだけでなく、ちゃんと自党の姿勢を示していること。それがシリーズ第4弾です。



 単に机を一人で真面目にふいているだけ。だけど、色々と語りかけるものがある、そんな佳作です。
 まあ、主人公を自党代表と同名にしてしまうのはちょっとどうかと思いますが。

 惜しいのはこれがネットCMであることですね。テレビCMで流していれば、結構票が集まるはず。
 個人的な政治信条はおくとしますが、選挙予想マニアからすれば、公明党は本当に選挙戦術がうまいな、と。そう言えば、同じく選挙マニアの山田真哉さんも絶賛していました。

 それでは最大与党・自民党はどうか。ツッコミどころが多いので、これは明日にでも。
by reiji0 | 2009-08-24 13:15 | 日記