ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

本を出す方法・その1

 なんかもう1月も終わりですね。

 一応、進路図鑑がどうにかメドが立ち(と言いつつ、確認作業だなんだとあるのですが)、それでも就活漫画と『就活のお約束』(仮)と、あと色々進行中です。

 ちょっと前に見ず知らずの方からメールをいただきました。

新年早々、突然のメールで申し訳ございません。
Googleで”小林哲夫”を検索していましたところ貴殿のBlogに遭遇した次第です。Exciteのコメントに
×××というハンドルネームで書いた者です。


 ちなみに原文ではハンドルネームはありましたが、一応伏字に。
 たまにですがこういうメールが来ますねえ。そう言えば。
 どういうルートであれ、まず名乗ろうよ。就職相談に乗ってくれ、という学生でさえどこの誰か、明記するのだから。

 冒頭からいきなりで申し訳ございませんが、私は教育関連の新書版の本を1冊出版したいと願っております。つきましては、どちらかの出版社の新書担当の方をご紹介いただけないでしょうか。

 結論から言うと絶対にお断り(笑)
 せめて、読者だ、というならまだしもねえ。名乗らないし、ハンドルネームだけだし、エキサイトのコメントと言われてもネット知識が原始人並みの小生は知らないし。
 それで紹介してくれ、と言われても紹介などできるわけがない。

 メールにはこの人のブログのURLもありました。
 一応、社会評論系と言えばいいのでしょうが、コメントはパス。

 かなりエキセントリックな内容なので、支持者もいますが、その反面、反感を抱く人も多数います。

 ああ、そうですか。

 この無礼なるメール、返事はしていません。返事を出すほどでもないでしょう。

 ただ、私もかつては、自分の本を出したい、その他大勢の一人でした。
 結局、ツテをたどってどうにか出せたわけですが、そこに至るまでにはこの無礼なメールと五十歩百歩の対応がありました。実に恥ずかしい。

 なんというか、ツテもないし、出し方も分からないから、走り回って、その結果、ぶつかった相手は単に迷惑、ということが相当あったような。今思えば、相手にしてみれば本当に迷惑だったはず。

 それが回りまわって立場がちょっとだけ変わったわけです。

 そこでしばらくは「本を出す方法」シリーズを展開します。

 出版業界にいる友人・知人や関係者からすれば、なーんだ、という話ばかりなので読み飛ばすように。



 
by reiji0 | 2010-01-31 00:06 | 日記