ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ムサビの卒業式

武蔵野美術大の「美大日記 広報の手羽」でも有名な職員、手羽さんから卒業式に見学に来ないか、と誘われました。

ところで急な話なんですが、明日はムサビの卒業式なんです。
ちょっと一般大学とは違う卒業式なので、お時間があったら見てみませんか?というお誘いのメールでございます。
少なくとも学長が何十分もつまらない話をするような会ではありません(笑)

 前日に、誘うかあ、普通(笑)。
 しかも、その誘いに乗る方も方だ(笑)。
 何しろ、この商売、フットワークの軽さが生命線だし。

 そして、当日。調子に乗って、電動自転車で行くと、五日市街道に入る前あたり(井の頭通りを直進すれば良かった)、大学に着く直前(玉川水道を渡れず、20分近く周辺をうろうろ)でそれぞれロス。到着したのが10時40分ごろ。遅かったせいもあり、立ち見。
 ただ、写真をばしばし撮影していたので、立ち見でよかったかも(負け惜しみ)。以下、時系列で。



b0013915_23275477.jpg


10時50分ごろ 石渡、会場入り。何かコスプレ女子もいるし。



b0013915_2328271.jpg


コスプレだけでなく、馬もいます。重くないのか…。


b0013915_23293924.jpg


b0013915_23402058.jpg

ステージからして、もう普通の大学じゃない。
アーチ状になっているMAUは武蔵野美術大のこと。


11時10分ごろ スモーク&ファイアー
ファイアーの部分、撮影できず…。

b0013915_2330923.jpg

11時15分ごろ チンドン屋登場し、開会挨拶

b0013915_23304692.jpg

11時20分ごろ 校歌演奏
校歌「斉唱」ではなく、演奏。
合唱部MAUコーラス10人+東京五美術大学管弦団14人+モダンジャズソサエティ6人+ラテン音楽研究会9人

b0013915_23311710.jpg

衣装も決まっています。

最初、ポップ調。さらにジャズ。それから、ラテンっぽく。すると…

b0013915_23314975.jpg

サンバのダンサーも登場!普通、出るかあ!

b0013915_23321346.jpg

11時30分ごろ
学位授与、始まる。学長が学科代表に授与。まあ、これは普通かなと思いきや。

11時38分ごろ
彫刻学科、代表呼ばれる。返事が別方向から。あれ、こいつ、どこにいるんだ…。

b0013915_23325716.jpg

自転車で来て、自転車で帰りやがった!
※壇上にはミコシで上がる。

b0013915_23333057.jpg

11時45分ごろ 基礎デザイン学科。呼ばれると、学生一同が壇上に乱入。「●●サーン、目線くださーい!」など記者会見風。

b0013915_23334814.jpg

授与後は学長と並んで記念写真。

もちろん、こういうユニーク型だけでなく、普通の代表もいる。だけど、こういうユニークな演出を認めてしまうのは凄い。

11時55分~12時25分 学長・理事長・校友会代表挨拶。
ここは正直、他大とそう変わらず。ただ、1人8分くらいで他大より、はるかに短くテンポ良いのは好印象。

b0013915_233423100.jpg

12時25分 アカペラのカルテットグループ、xuxu(しゅしゅ)が出演。結構聞かせる。だけど、3曲はちょっと多いかな、という印象。

3曲目終了。式辞・祝辞とアカペラ3曲で会場がちょっとだれた感じに。すると、映像が流れる。

b0013915_23344978.jpg

学生(卒業生?)がひたすら手を振る映像が流れ、音楽は歌詞抜きの「さくら」など。
天井からはサクラに見立てた紙ふぶき。

卒業式らしい、好演出。
別に卒業生でも家族でも大学関係者でもないのに、ジーンと来た。ただ、学生が手を振っているだけなんだけど、卒業生・在校生・家族・大学関係者、あるいは部外者でも誰でも分かる演出。ああ、もうこれでお別れなんだっていう、書いていたらまた泣けてきた(涙)。

13時、チンドン屋再登場。バンザイ三唱で閉会。

b0013915_23351644.jpg

退場のどさくさにステージに上がって、記念写真を撮る卒業生。

b0013915_23355878.jpg

会場の外はえらい盛り上がり。

b0013915_2336106.jpg

サンバのお姉さんもいました。当ブログ史上初のサービスカット(笑)。


あまりの混雑に手羽さんとは合流できず、辞去。いやー、でもいい卒業式でした。

私はムサビとは何の利害もない、単なる部外者に過ぎません。しかし、この卒業式はおそらく忘れることはないでしょう。途中、挨拶などでだれる部分はなくはないけど、全体としては式というよりもコンサート。参加していて、単純に面白かったです。

 部外者の自分でさえこうだから、卒業生は生涯忘れることのない、いい式だったのではないでしょうか。

こう言ってはなんですが、自分の出身大学・東洋大学の卒業式は一応、出たけど、どんな式だったか思い出せません。
母校愛とか、色々なことが言われていますが、ムサビのこの卒業式に近づけるかどうか。どんな進路であっても卒業式に参加して良かったと言えるような式にできるかどうか。
 モデルの一つがムサビなのかな、とちょっと考えもしました。
by reiji0 | 2010-03-19 23:36 | 日記