ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ムサビの卒業式・補足

 どうも、10円で簡単に買収される大学ジャーナリストの石渡です(笑)。

 ムサビの手羽さんにブログのネタにした、と伝えると、リンクを貼ってくれていました。

 それはいいんですが、

 「電気自転車のバッテリーを充電させてください」というのが石渡さんからの参加条件(笑)
 「手羽は石渡さんに何かあげてるんじゃないか?」ってくらいの誉めっぷり。
 こんなことならMAUグッズのひとつぐらいあげればよかった(笑)

 バッテリーって、フル充電するのに、確か電気代が10円かかるのですよ。
 というわけで、石渡嶺司はムサビに10円で買収されました(笑)。
 どうせなら、グッズに限らず、サンバのお姉さんのチャーム下さいとか、もっと言っておけば良かった(爆)。

 昨日のサイクリングで、ムサビがざっと片道1.5時間、成蹊大が1時間、一橋大・ICUあたりが1.2時間前後と把握できました。多分、今後も自転車で。西多摩地区の大学の皆さん、10円で簡単に買収できるので、石渡が行った際は充電させてやってください。そうでないと帰りがつらくてつらくて…。

 真面目な話、式は良かったです。こういう式だと、卒業生も印象に残るでしょう。それ以外にも、

親・家族→我が子がどんな大学で勉強したのか一発で分かる
在校生のスタッフ→イベントを作り上げることで社会経験を積める。長期インターンシップと効果が同じ
スタッフ以外の在校生→卒業生がどんな感じで送られるのか一発で分かる。大学のことが好きになる

 一石二鳥、三鳥の効果が期待できます。ちょっと他大学さんも卒業式をうまく変えることを検討してみてはどうでしょうか?

 これは後日、改めて書くかもしれませんが、今週火曜に和歌山大を見学していました。そこで引きこもり大学生の話を聞いたのです。

 引きこもり大学生はおそらくどの大学にもいます。ものつくりをやっているからムサビは偉い、文系大学はダメだ、とか。
 あるいは、引きこもり大学生はダメだ、ムサビの学生見習え、とか。

 そういうことではありません。

 ただ、一方は何かしらのきっかけで大学に来なくなる、一方は笑いながら、母校に誇りをもって卒業していき、あるいは卒業生を送り出そうとする。この差は一体何なんだろうと。
 帰りの武蔵路を自転車で駆けながら色々と考えさせられました。
 
 ちなみに、xuxu(しゅしゅ)の映像はこちら。確かに上手かったです。ただ、3曲は多かったかな。ここは3曲でも、もうちょっとうまいやり方があったような。

 それと、サービスカット、もっとないのか、というリクエストに応えてもう1枚。
b0013915_12281136.jpg


 網タイツがいいですねって、ここで嗜好をばらしてどうする、自分(笑)。
by reiji0 | 2010-03-20 12:36 | 日記