ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「なぜ働かなければならないのか?」に対するまずい答え方

 ある学生からある席で(面倒なんで全部「ある」にしておけば文句ないだろ)

「なぜ働かなければならないのか?」

 と聞かれました。彼が言うには、

「お金がないから働かなければならないのはわかる。しかし、お金があれば働かなくてもいいのではないか」

 この質問に対して、アルコールが回っていることを抜きにしても、まあきちんと答えられない、某・大学ジャーナリストがいて。まあ、私のことなんですが(笑)。
 いや、笑い事じゃないな、こういう質問にさっと答えてこそ、自称・ジャーナリストだろう、と、自省した次第。

 それでまあ、つらつら考えているのですが、その前にまずい答え方をいくつか。

1)そんな質問すること自体、若いよね
 社会人なら言いそうですが、答えになっていません。質問した学生の意図はともかく、結構深い質問です。きちんと付き合うのが筋でしょう。

2)働いていないからそういうこと聞くんでしょ?働いてみれば分かるよ
 一見、回答になっていそうですが、これも答えになっていません。社会人として働いていないから分からない。だから聞いているわけで。

3)マナーや礼儀のなっていないバカには答えたくない
 質問内容とは無関係なことで逃げるのは一つの手です。が、それとこれとは無関係。
 
4)自分で考えられない時点でおかしい
 そうとも言えます(社会人からすればね)。ただ、これも、質問の回答ではないですよね。

5)前提からしておかしいし、回答不能
 議論ではこの回答もいいのかな、と。ただ、これも何となくちがうなあ…

…。だんだんと退路がなくなってきました。さあ、どうする、石渡。というところで次回に続く。

 なお、この「なぜ働くのか?」論、読者の方のご意見もお待ちしております。

 それから、できればブログにも転載したいので、メール(namio@eurus.dti.ne.jp)でご連絡いただく際は、転載の是非、お名前について(匿名ご希望ならそのようにします)などもお知らせください。 

 …。単に自分一人では、手に負えないので加勢求む、とも言えます。

 や、仮に「なんで働かなくてはいけないのか?」というご意見でも転載しますので、どちら側でも、まずはご連絡を。
by reiji0 | 2010-06-21 09:40 | 日記