ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ひろゆき対談でフルボッコにされた件(笑)

 というわけで、ひろゆきさんと学生にフルボッコにされた石渡です(爆)

 ご感想もブログでいくつか。

 就活のバカヤローの著者は就活に詳しくない
→ニコニコ動画の生放送を見ているうちにどうも石渡さんの言うことが信用できない。

  石渡嶺司氏とひろゆき氏の対談で感じた「番組」と「ネット配信」
→就活のバカヤローの著者は就活に詳しくない(上記のブログを受けて)
→ なるほど。…悪いけど、そうかもしれない。

 あ、これは去年までの共著者・常見陽平さんですね。別に悪くはないですよ~。

 ブログの感想については、それは個人のものなのでいつも通りノーコメント。

 事情をしらない方にご説明すると、アマゾンやミクシィのレビューも含めて、ご感想については、ポジティブ・ネガティブなもの両方お受けします。ネガティブなものについてもご感想であることに変わりなく。それを掘り下げることは普段もしていませんし、今後も同様です。

 ブログやミクシィでコメントをくれた方には、見てくれただけでなく感想もくれたことに感謝します。
 もし、石渡の言っていること、案外大したことないな、と思った方がいればそれはごめんなさい。


 対談の感想をつらつら書いていくとこんな感じ。

●ひろゆきさんは、話の進め方うまいというか、さすが神レベル。やられた感はもちろんあるわけですが(笑)、特に序盤はこちらがてんぱっていたしやられたな~。
 それで悪い感情持ったかというとそれほどでも。

 次呼ばれたとすれば(次があるかは知りませんが)、多分お受けしてまたフルボッコにされるという罠(笑)。当分は講演のつかみで

「ひろゆきと学生にフルボッコにされた石渡です」

 これで行きます。

●「学生にフルボッコにされた」というのがいまいち、いまさんくらい分かっていません。という話を終了後、会場に来ていた担当編集者に言うと

 「フルボッコにされていました」

 ああ、そうなんだ(笑)。
 なんか色々話をしてもらったし、色々質問も飛びかったな、というあたりで悪感情はひろゆきさん同様、全くなく。
 終了後、近くの居酒屋で普通に飲んで話をしていました。
 
 担当編集者「気付いていないのも含めて石渡さんらしいです」

 ほめ言葉として受け取っておきます。違う気もするが、気のせいにしよう、うん(笑)

●既存のテレビ番組と違い、反応がすぐ返ってくるのが面白いですね。コメントがたくさん付いた出演者にはアップで写すなどのカメラワークもすぐれていると思いました。
 ネガティブコメントがいっぱい出るわけですが、それはまあそういうメディアなわけで。
 元々ネガティブコメントはネットでも対面でも言われてなんぼ、と思っているので私はそれほど気にしませんでした。むしろ、面白かったです。

●もうちょっと掘り下げたかったのは学歴ネタ。

 ひろゆき「難関大の学生は有利」

 これに対して、結果論はそうなんだけど、難関大以外の学生でも戦いようはある、という話はもう少し整理して話せば良かったです。
 それから、人脈という点でも、ひろゆきさんの言われる通り。IT業界でひろゆきさんと中央大文学部卒の人は多くないでしょう。
 でも、人脈がないはずのひろゆきさんはIT業界でも生き残っているわけで。
 そういう例はいくらでもあります。
 そういう話をもっとお伺いしたかったし、もっと話をしたかったです。

 単純に「早稲田は有利だよね、東洋や国士舘は不利だよね」という問題ではありません。
 東洋でも国士館でも難関でない大学の学生は、
 不利であるかもしれないけど、そこからどうするの、どうしたいの、と。
 不利であるかもしれないけど、戦いようはあるよ、と。

 それから、早稲田でも東大でも難関大の学生は、
 有利であるかもしれないけど、そこからどうするの、どうしたいの、と。
 有利であるかもしれないけど、有利さにかまけていると足元すくわれるよ、と。

 対談のあと、補足するのはルール違反かもしれませんが、これだけは強調したいです。

b0013915_9433867.jpg

 対談終了後の記念写真。

 ひろゆきさん、スタッフの皆さん、参加学生、視聴者の皆さんに感謝!
by reiji0 | 2010-10-20 10:00 | 日記