ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

先週までのネタバレ

「みんなの就活悲惨日記」、おかげさまで好評です。
 さて、この連載、ときどき、フィクション部分があります。その固有名詞などのネタ元、今後は翌週に出していきます。今回は第一回から第六回までまとめて公開します。

第一回
高瀬みの…香川県・予讃線の高瀬駅とみの駅の組み合わせ。高瀬みのの実家が香川県という設定もここから。時刻表、ばらっと開いて適当な人名作ろうと思ったらまずここなんですよね。

石渡研究所…石渡嶺司の個人会社。ときどき、この会社名でウソ資料請求をすることも。ちゃんと登記はしていますが、社員は石渡一人。入社希望なら止めはしませんが、月給1万円、交通費社会保障なしというブラック企業です(爆)。文中にある「システムインタグレータ」でも何でもありません。大体においてパソコンがちょい前までウインドウズ2000プロって…。

鳥居…飯田線鳥居駅から。これも人名駅の一つだったような、そうでなかったような。

椎応大学…『げんしけん』の舞台の大学名。そう言えば『げんしけん』、いつの間にか復活しましたね。

大原課長…往年のサラリーマンマンガの名作『なぜか笑介』の主人公、大原笑介より。なんで人事でなくて就職課か、と言うと、『就職ジャーナル』で特集があり。その読みきりマンガで、もしも五井物産に内定が決まっていなかったら城南大に就職が決まっていた、というストーリーがあったのでそこから。

柳澤教授…マンガ『天才柳沢教授の冒険』より。ここまで怒るタイプとは思えませんが。

第四回
天幕次郎…石北本線にあった旧・天幕駅から。測量調査の際、天幕三次郎という山男の案内からつけられた駅名。そこから天幕次郎としました。現在は廃止。

当間愛…石北本線の当麻駅と一つ隣の愛別駅から。なぜか当麻を当間と変換ミスしてアップ。当麻駅の隣は桜岡駅なので 当麻桜でも良かったなと今さらながら思います。でも、わざわざ訂正するほどじゃないし。

ジャスミン茶…これは今の自分のマイブームです。いや、おいしいし。パックのやつで手軽に飲めるし。

第五回
帝洋大…帝京大と東洋大の組み合わせ。実在の大学名を出してもいいんですけど、いらん摩擦を起こすよりは、ということで架空名称に。

鈴木商事…大正時代の総合商社・鈴木商店より。鈴木商店だとそのまますぎるし、総合商社と分かりにくいので商事に。鈴木商店は一時、三井物産をしのぐほどの勢いがありました。その後、倒産。一部が現在の日商岩井です。

豊沼奈江…函館本線の豊沼駅と奈井江駅の組み合わせ。奈井江だと分かりにくいので一字を外しました。このときまで時刻表がなく、旧国鉄北海道総局が発行した『北海道駅名の起源』(1973年刊行)が手元にあったので北海道の駅名由来が多くなりました。

第6回
改造新社…大正・昭和初期の総合出版社、改造社より。
週刊GENDAI…当初は「週刊JIDAI」。元ネタはもちろん、『働きマン』。なぜか編集チェックで変えられました。
永山武…北海道宗谷本線永山駅より。明治31年の入植当時、屯田兵司令官・永山武四郎から命名されたので借用。
登川楓…北海道石勝線の旧・登川駅、旧・楓駅から命名。駅名から女性名作るとなると高瀬みのと楓がわかりやすいところ。以後、どうするんだ、自分。
国立C大学…週刊東洋経済の就職特集号から。「偏差値が高い割に使いにくいので明治より扱いが下」とする企業コメントが掲載されていた。ほほう。
常呂富夫…北海道、旧・湧網線の常呂駅と北見富丘駅から命名。
週刊GENZAIの恒例企画…これ、モデルは複数。というか週刊誌でも漫画雑誌でも新入社員って、こういう突撃ネタやらされるのがお約束です。それを嫌がるのは論外。仮に週刊誌配属を希望していなかったとしても、です。
川湯緑…北海道、釧網本線の川湯温泉駅と緑駅から。
尾幌厚…北海道、根室本線の尾幌駅と厚岸駅から。駅名並べるだけのパターン、もうつらくなっているので隣の駅、2つ隣の駅の一字拝借で何とかしのぐことに。
「また」「あと」を繰り返す…新聞記事ならいいんですけどねえ、こういうの。雑誌記事だと相当いらっとします。書籍でも。あ、モデルはいなくはないですけど、ノーコメントで。
サイクル君…これもモデル、いなくはないけどノーコメント(笑)。PDCAサイクルでも手帳でもなんでも好きなようにしていいんですけど、そういうの強調しすぎる割にろくに仕事をしないと、なんなんだあいつは、という話に。
by reiji0 | 2010-12-30 23:43 | 日記