ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『ムダ選び2012』被災高校への寄贈と出張講演のお知らせ

時間と学費をムダにしない大学選び2012

石渡嶺司 / 光文社



 半年間、手間暇かけてきた高校生向け進路ガイド『時間と学費をムダにしない大学選び2012』を出すことができました。

 今年は岩手・宮城・福島・茨城の被災した高校さんに対して、寄贈したいと思います。
 上限100冊(各高校1冊)、勝手に送るのもどうかと思いますので、ご希望の高校さんに送らせていただきます。
 高校の進路ご担当の先生から連絡をいただくのが一番なのですが、それどころでない先生方も多いかと。もし、進路ご担当の先生以外、先生でも生徒さんでも「この高校は必要としている」という情報があればお知らせください。
 送っても問題ないかどうか、こちらが確認したうえで寄贈します。送料等はこちらが負担します。

 岩手・宮城・福島の東北3県については、東北地区進路指導研究会のご担当の方とも連絡しつつ進めていきますが、もし4月中の送付をご希望の場合は私に直接ご連絡ください。


 それから、被災した高校さんで、私に対して進路講演等をご希望の場合、講演料・交通費・宿泊費等、一切無償でお受けします。

 もともと、進路講演については読者サービスとの観点から採算度外視で受けるものも多数あったのでご遠慮なくお申し出ください。ちなみに大学でも講演についても同様です。
 
被災地以外の高校・大学さんの場合は、応相談で(笑)。


 東日本大震災後、自分にできることは何かずっと自問自答してきました。ボランティアに行った方がいいのか、原稿料を寄付した方がいいのか、他にはないのか。

 私は結局、ボランティア活動はしませんでしたし、大きな金額を寄付したわけでもありません。小銭をコンビニやスーパーなどで寄付した程度です。他は東北産の野菜や米などを買った程度。

 自分にできることは何か。もしあるとすれば、自分の進路ガイドを高校に寄贈すること、それから講演や進路相談などを通して被災した高校生を応援することでしょう。

 ささやかなことではありますが、少しでもお役にたてればこれに勝る喜びはありません。
by reiji0 | 2011-04-14 10:19 | 日記