ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『時間と学費をムダにしない大学選び2016』改訂について




 毎年刊行している『時間と学費をムダにしない大学選び』。今年も無事に刊行することができました。
 2004年刊行の『15歳からの大学選び』(小学館)も入れれば、今年で12年目、通算で10冊、刊行したことになります。
 これも、ひとえに支持してくれた読者、特に高校生と高校教員・進路指導関係者の皆様のおかげです。

●2016版の改訂について
1:一口情報の大幅改訂
 2015版までは、著者側の感想・個人的見解等もありました。それはそれでご評価いただく部分もありました。が、感想・個人的見解は他のコーナーで書いており、一口情報は情報のみ、ただし情報量はメガ盛り、ということで方針を大きく変えました。
・全章…著者の感想・個人的見解を全削除/定員割れ大学の多くについて削除/難関大だけでなく準難関大~中堅大、地方国公立大の情報を大幅に追加/「著者からひとこと」コーナー廃止
・1章(マスコミ)・2章(公務員)…実務家教員・外部講師等の講義情報、就職者数・率のデータ、サークルなどの客観データを多数掲載。
・1章(マスコミ)…2015版まで未掲載ないし掲載量の少なかった大学(奈良女子大、佐賀大、宮崎大など)
・2章(公務員)…公務員就職のうち、国家公務員、地方公務員、警察官・消防官・自衛官など、どの職種が中心になるのかを最初に掲載/掲載校を整理。警察官養成を標榜する私大のうち、実績が低いと判断した大学は掲載対象から除外
・3章(司法)…法科大学院情報中心の掲載から学部中心の掲載に変更/司法試験実績の低い(あるいは、ない)大学についても学部教育などで実績のある大学、志願者数の多い大学については情報を精査したうえで掲載
・4章(教育)…就職者数を先に掲載
・5章(福祉・心理)…掲載校を整理
・10章(看護・医療・薬学)…掲載校を整理。原則として開学10年以上の大学を掲載/新設校、かつ、前身がしっかりしている大学(京都看護大、九州栄養福祉大など)は掲載

2:「ワイルドカード~国公立ギリギリの選択」新設、「大学受験のモデルプラン」廃止
 『ムダ選び』シリーズ刊行から7年続いた「大学受験のモデルプラン」コーナーを廃止しました。
 理由は、マンネリ化です。高校教員の方から需要の多かった国公立大の中堅以下の大学(ぶっちゃけて言えば、偏差値ランキングでは下の方)について数校取り上げるようにしました。それが新設の「ワイルドカード~国公立ギリギリの選択」です。

3:「高校生の素朴な疑問Q&A」コーナーの増量
 2015版で新設のコーナーで、このときは6項目程度。これを7項目に増量。かつ、大学2~3、職業・業界2~3、その他1と分けるようにしました。

4:「保護者のためのQ&A」コーナー新設
 全21章のうしろに、Q&Aコーナーのみで保護者向けページを新設しました。

5:コラム21本の新規入れ替え・過激化
 各章のうしろにあるコラムは21本、全部、新たなものに変えました。また、過激派ならぬ過激化で、内容は相当刺激的なものを入れるようにした、と自負しています。
 特に「公務員就職のカラクリ」「法科大学院の大量閉校」「なぜ高校進路指導教員は国公立大を勧めたがるのか」「社会福祉系学部の成長株を探せ」「エアライン志望はいくらかかる?」「国立大工学部がいつの間にか格付け」「医療系国家試験・合格率のカラクリ」「乱立医療・看護系学部の見分け方」「管理栄養士合格率のカラクリ」「実は5番目に学費が高い?服飾系学部」「声優専門学校のカラクリ」「乱立国際系学部の行方」などは、ギリギリというか、かなり危なっかしい話も掲載。

 このように色々と改訂したのが、今回の2016版です。
 とは言え、諸般の事情、というか、「一口情報」の改訂(特に1~5・9章)に時間をかけすぎました。その結果、「一口情報」(6~8・10~21章)は70%程度、「よくある相談、どっちがお得」の50%程度、「この業界の主な企業・職業・資格」の80%程度が前年度のものを踏襲する結果となりました。
 前年度と変わらない情報もあるので、全面改訂はあり得ませんが、「30~40%は前年踏襲、60~70%は改訂」を目標としているので、「一口情報」(の多くの章)、「よくある相談」「職業・資格」については、「前年度の使い回しで内容が変わっていない」「マンネリ」など厳しいご意見を頂くこともあるかと思います。
 その責任はすべて、この著者・石渡にあり、この点については深くお詫びする次第です。
 2017版を刊行できるかどうかはまだ未定ですが、仮に刊行する場合は、2016版以上に内容を大幅に改訂することを前提として進めていきます。
by reiji0 | 2015-03-22 17:09 | 進路ガイド