ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Def Techと田島陽子教授

 ここ数週間、私のCDラジカセは延々とDef Techが流れています。

 最初は横浜ゴムのコマーシャルで、なんかいいなあ、と思いまして。このコマーシャルに使用された曲が「My Way」。

 地に足付け 頭雲抜け 進む前に前に前に
 手をつなげば怖くないから そこまでお前は弱くはないから
 でもいつまでも そばにいないから
 Belive my way my way my way

 「手をつなげば怖くないから」と言っておきながら「いつまでもそばにいないから」と突き放すあたりが、面白いと言うか、「まあ、そんなものだよ」と妙に納得して延々と聞いてしまっています。
 音楽もハワイアンとジャパンとジャマイカを掛け合わせたジャワイアンレゲエという音楽に疎い私には初耳のジャンルですが、妙に聞きやすい音楽でもあります。

 このDef Techの1stアルバムには「Quality Of Life」という曲が入っています。

 今の今の今まで 女性は差別されてて
 耐えて 堪え我慢して
 乗り越えてきた流れ
 変える時が来たんだぜ 今顔を上げ立ち上がれ
 腕高く揚げ 女であることに誇りを持て
 到底叶わぬ夢だと思ってもがっちり握りしめゆけ
 女という文字は祈る姿 形からできた文字
 もし願いが叶うのならば大きなことを求めて
 この奴隷制から逃げて見つけて
 知らぬ未知の道を

 女性差別に対してかなりストレートなメッセージでもありますが、歌詞カードの終わりのスペシャルサンクスに法政大・田島陽子教授の名前を発見。
 どうやら、 Def Techの1人が法政大に通っていたようです。田島陽子教授と言えば、過激なジェンダー論で有名で嫌悪感を示す人も少なくありません。
 私もあまり好きになれない方ですが、大学教育がミュージシャンに形は違えどインスパイアしている好例でもあります。
 あの過激な主張が、Def Techという媒介を経ると

 女という文字は祈る姿 形からできた文字

 という、うまい歌詞に変わるのか、と感嘆を覚えずにはいられません。
by reiji0 | 2005-04-14 23:52 | 日記