ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0

<   2005年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 仕事がないので、部屋の掃除を鋭意進めております。どうせ、花見会のときは乱入されそうな気もするし。

 しかし、数年、大掛かりな掃除をしていなかったこともあり、埃はすごいわ、いらないものは多いわ、いやなかなか大変です。
 しかも、探していたもの、きれいに忘れていたもの、いらないものが会わせて出てきます。意外に多かったのは大学グッズ。
 ろくに使っていないボールペンはじめ、文房具が今のところ、紙袋4つ分。今度の花見会にご参加される方、どうぞご自由にお持ち帰りくださいませ。どうせ、フリーマーケットに出店したところで、参加費の方が高くつくはずですし。

 そもそも、私の部屋は屋根裏とは言え、13畳の広さがあり、きちんと整理していればかなり余裕があるはず。それが出来ないのは不要のものが多いせいでもあります。
 そこで今回、不要なものをどんどん捨てています。前回、ゴミ袋23袋とお伝えしましたが、現在は30袋を突破しました。一体、どんなゴミ屋敷・部屋に住んでいたんだか。

 邪魔といえば、タカラのなんちゃってビールサーバー。ほら、缶ビールが生ビールのように泡が出る、というあれですよ、あれ。
 出てきたのが2002年でしたか、あのときはものすごいブームになりまして、調子に乗ったタカラが、電池式のスーパー版を出したところ、こちらも好調。
 さらに調子に乗ったタカラは釈由美子を起用して

 「釈がお酌」

 を出しましたが、こちらは不評。さらに、ティッシュを引っ張るたびに声が出るティッシュカバーを出しましたが、これも不評。
 だって、女性バージョンなんてものがありまして、引っ張ると

 イヤーン

 となまめかしい声。そんなもの、一般家庭が買うわけがない。何の因果か、この女性バージョンが部屋に埋もれていまして、速攻で処分。

 それから、過去の仕事の残骸も数々発掘。4年前、まだ出版業界に入る前の企画書も出てきたのですが、やはり大学ネタ。
 しかし、タイトルが

 シューキョーからはじめよう

 って、わけがわかりません。大学ネタでシューキョーはないだろう、自分。どうやら「趣味と興味」から大学選びをはじめよう、という意味で「シューキョー」らしいのですが、それは違う、と。
 そんな企画書が通るわけがありません。汗顔の至り、とはこのことですね。

 古いメモや企画書を読むと、そのときの状況を色々思い出します。赤面することもあるのですが、そう言った欠点を含んでこその自分なので、そうしたものはファイルして保存することにしました。
 よく、企画書でも原稿でも、一晩寝かせろ、と言いますが本当ですね。何しろ、この「シューキョー」企画書を書いたときは

 これでベストセラー間違いなし

 と信じていたのですから。いやあ、盲目な自信と言うのも怖いものです。
by reiji0 | 2005-03-30 21:59 | 日記

文部科学統計要覧の変化

 ここしばらく宣伝ネタが続いたので、久々に大学ネタを一つ。
 私が愛用しているデータ集が文部科学統計要覧。大学・教育問題を語る上で必要なデータがまとまっていて、しかも価格は500円。白書も読み応えありますが、価格が2000円台なのが難点。

 毎年1月末に新年度版がでるのですが今年は忙しさにかまけて買うのを忘れ、2月末にようやく購入。ぱらぱらと読んでいると、やはり気になるデータがいくつか転がっています。

 まずは大卒の就職率。15年の55.1%から微増して16年は55.8%。就職状況の悪さは一昨年で底を打ったと言えるでしょう。

 就職を気にする大学にとっては朗報ですが、こちらは耳の痛いデータ。高校卒業後の大学進学者は11年に60万人だったものが15年は57万、そして16年はついに55万人。大学進学率は前年比0.7%増の45.3%とは言え、楽観できる数字ではありません。そう言えば、今年の私立大は軒並み志願者を減らしたと聞いています。

 一方、専門学校は19.2%。高校卒業後の進路としては、14年に就職を追い抜いて以来、いまや大学に次ぐ進路として定着したようです。

 ところで16年度版と17年度版を読み比べてある変化に気付きました。それは高校の卒業後の進路に「一時的な仕事に就いた者」という項目が登場。今までは「左記以外の者」という項目で大学進学・就職以外の家事手伝い、外国の大学等進学、進路未定、という項目にまとめられていました。
 文部科学省もようやくフリーターの存在を認めたのか、しかし2万7千人という数字は正直、疑問に思わざるを得ません。だって高校卒業者のわずか2.2%ですよ?高校によってはこの割合がもっと高いはずで、就職者とどう分けたのか気になるところです。

 統計要覧に話を戻すと、大学のページには卒業後の進路として「専修学校・外国の学校等入学者」という項目が登場。こちらは卒業者54万人に対して1万2千人。大学院(本当は大学院だけでなく学部・短大も含むのですが事実上は大学院と言っていいでしょう)進学率が過去最高の11.8%。専修学校等進学率は2.2%。合計すると14%が大学卒業後もどこかで勉強を続けることになります。就職課関係の方はこうした現実をとうの昔にお気づきのはずでしょうが、今後は就職対策だけでなく、この進学対策にまで手を広げる必要があるでしょう。

 ところでこの進学・就職者をあわせると69.8%。じゃあ残りはどうなのかと言えば、臨床研修医8千人を除けば「一時的な仕事に就いた者」「死亡・不詳」「左記以外の者」のいずれか。私はこの3項目を「ニート・フリーター3ライン」と勝手に呼んでいますが、それで3割というのはやはりまずいのではないでしょうか。

 ともあれ、1冊あるだけでニート・フリーターから大学・教育問題まで偉そうに語れる『文部科学要覧』、1冊500円とお買い得。大き目の本屋の政府刊行物コーナーにあるはずですので是非お求めを。

【業務連絡】
 文部科学省関係者の方、『文部科学統計要覧』の宣伝をしたので部数増加の際は手数料をひとつ。
 あと各種学校の卒業者30万人(入学者10万人)は自動車教習所を含めるにしてもアンバランスすぎるのでどうにかしてください。
 と言うか入学者を「4~5月」、卒業者を「4~3月、通年」って、データの意味がないような気が。
by reiji0 | 2005-03-08 09:46