ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 こちらは記事執筆、その他一切無関係ですが、1回書かせてもらったのと、巻末の高杉良の小説が面白く、毎週買うようになった週刊ダイヤモンドから。

 今週の大特集は給料全比較。「金が全て」なんて某IT経営者のようなことは言いませんが、それでも収入はキャリアを考える上では大きな問題です。上場企業の平均年収ランキングからスポーツ、マスコミ、農家など大きなところはほぼ全て網羅しています。
 キャリア問題を考える方は非常に参考になるのでご一読を。

 ところで、この特集、13人の編集者・委託記者・ライターが担当しています。それでボリュームは58ページ。うちランキングが20ページあるので、それを差し引いても38ページ。1人あたま3ページです。かかった時間は、校了間際だけ見たとしても1週間、実際にはもっとかかっているでしょう。

 実は、過去に某社からほぼ同じ企画を1回振られました。ボリュームは15ページ。半分とは言え、私1人でやれとおっしゃる。しかも期限は1週間。
 方向性が実に曖昧で、サンプル原稿を書いたところ、取材が必要(だから時間がないんだってば)、生活感あるストーリーが欲しい(2ちゃんねるから引っ張って来いってか)など無理難題なことしきり。
 どうしようもないので降りてしまいました。

 給料全比較を読んで、そんな過去を思い出しましたが、いや降りてよかった。どう考えても無理だったもの。仮に進めていたらどんなひどい原稿になったことやら…。
by reiji0 | 2005-10-31 20:16
★土日の見学校…杏林大学(八王子)、国立音楽大学、白百合女子大学

★本日発売の掲載情報
 AERA「大学より高校力 182校調査」

 見学校は、国立音楽大が良かったです。マンガ「のだめカンタービレ」の登場人物が現実にいるようで。
 杏林大はコメントはパス。非常に不便なところにあることはよく分かりました。バスで20分(しかも30分間隔)、大学到着後も最寄りの棟まで上り坂を歩く羽目になるなんて大学パンフレットにはどこにも書いていないし。アクセス問題はいずれどこかでやりたいものです。就職状況と同じく、ウソも多いようですから。
 白百合も、正門からたらたら歩きますが平坦だし、木に囲まれていて雰囲気があるので、まだ許せるかな。京王線仙川駅から徒歩圏内にあるのもマル。

 ここ1ヶ月は学祭シーズンが続いているので、大学めぐりが続きそうです。
by reiji0 | 2005-10-31 13:01

THE21

★今月の掲載
 THE21(ビジネス月刊誌・PHP研究所)
 72~73ページ:社会人大学院の4つの壁突破マニュアル

 昨日の業界内交流会で、THE21の担当編集氏と遭遇。何か忘れていることが、と思ったらここでの告知でした。仕事貰ったのに、すみません…。
 
 
by reiji0 | 2005-10-30 08:46
 新書が乱立する現在、書店に行くたびに新たな新書を見つけることができます。
 私も参入を真剣に考えているので、リサーチを兼ねてよく新書コーナーをうろつきます。中には「これで800円かあ」と思わせるひどいものもありますが、それはそれ(クレームが怖いので具体名はパス)。
 「なんだ、この程度で新書に参入できるんだ」と勇気付けられはしました。

 そんな中、680円以上の価値がある新書を発見。

 『図書館を使い倒す!』

 タイトル通り、図書館の本ではあります。しかし、それ以上に出版の世界で資料を探すノウハウも合わせて書かれています。出版・マスコミ関係者は、同書を読むか読まないかでは仕事の質量に大きな違いが出るでしょう。
 そして出版・マスコミ業界を目指す学生や異業種の社会人にとっては、同書を読むか読まないかでは業界に入れるかどうか差が出るに違いありません。

 私個人としては下手なライバルは増えて欲しくないので、売れて欲しくはない1冊です。
 しかし、出版・マスコミ業界が産業としてさらなる発展を考えるなら、関係者は全員読むべき1冊です。と言うわけで、関係者も志望者も、同書は黙って買うようにすることを強くお勧めします。と言うか、買え(あ、命令調だ)。

 ところで、47ページにお茶の話が続き、「茶色や加藤茶は関係ない」とのくだりがあります。「誤植発見、加糖茶だろ」と突っ込みそうになりましたが、何の事はない、お笑い芸人・加藤茶のことでした。そうか、著者はドリフターズ全盛の世代だもんな、と思わず納得。
by reiji0 | 2005-10-19 02:05
 本日、以前から噂の新書を購入するため、夕食後に新宿へ買出し。
 いくつかのパチンコ屋の前を通り過ぎると、どこかで見たアニメがあるではないですか。

 と言っても、もはやパチンコ屋の看板台にまで成長したエヴァンゲリオンや、その後に出た、北斗のケン、ウルトラマンなどではありません。

 あの世界に冠たる宮崎アニメです。

 ウソだろと思って、ネットで検索すると、出ました。

 CR未来少年コナン

 ま、エヴァはどうせ元々年齢層が高かったアニメだし、赤塚やウルトラマン、北斗も、現在の30代前後か40代を当て込んでいるからいいでしょう。

 しかし宮崎アニメがパチンコかあ、と思うと何か引っかかってしまいます。まだ、千と千尋とか魔女の宅急便とか、トトロとか、今もなお子どもに支持されている作品ではなく、30~40代g子どもだったときの作品なので、それもありかな、とは思いますけど、でもなあ。
 と、文句をつけつつ、多分1回は打ちにいく予定ではいます(どうせ負けるだろうけど)。
by reiji0 | 2005-10-18 22:00 | 日記

今週は大学特集ラッシュ

 うにゃさんのご質問を受けて一つ。
 そう言えば、確かに今週は大学特集ラッシュですね。

●週刊ダイヤモンド:出世できる大学
●週刊東洋経済・本当に強い大学
●プレジデント:大学と出世
●ニューズウィーク日本語版:ぜんぶわかる世界の大学

 これにAERA・面倒見のいい大学(最終回・一橋大学)など。チェックする大学関係者は大変そうです。

 元々、経済誌系はこの時期に大学特集を1回はやっています。おそらく、3月末卒業生の就職実績や財務状況が確定している、人事担当者も4年生選考がほぼ終わり、3年生選考がぼちぼち始める時期で取材しやすい、などの理由があるに違いありません。
 経済誌ではないですけど、ニューズウィークもこの時期に1回は大学特集を組んでいます。2年前は金沢工業大学を日本語版だけでなく、英語版でも紹介していました。
 しかし今年の立命館アジア太平洋大学、「奨学金基金はこのままでは数年で底を突く」ってさらっと書いているけどいいんでしょうか…。

 AERA、サンデー毎日など一般週刊誌では、1~4月が一応、シーズンと言うことになっています。
 これで、7~8月あたりにもう一山あれば、いいサイクルで回るのですが。
 え?誰にとってか?
 そりゃ、私ですよ、ええ。
by reiji0 | 2005-10-13 13:03
★今週の掲載
 週刊ダイヤモンド10月15日号「出世できる大学」特集の中の小特集「業界の東大」(54~57ページ、計4ページ)

 久々の新規掲載誌は週刊ダイヤモンド。今年夏の別冊週刊ダイヤモンド・ムックでお仕事を頂いたご縁で。
 管理職数・役職者数などを使った「役員数を伸ばす可能性がある大学」など面白い企画が盛りだくさんなのですが、そこに挟まる形で私の記事「業界の東大」はあります。
 意外な大学が実は業界内で高く評価されている、その実情をまとめました。
by reiji0 | 2005-10-10 23:17
 本日より新シリーズ、「キャリアが学べる漫画」シリーズを始めます。受験生の方はご参考に、それ以外の方でご興味ある方は購入するか、漫画喫茶ででもお楽しみください。
 合わせて「キャリアが学べる書籍」シリーズも展開する予定ですが、受験生はその多くが「書籍」というだけでめげてしまうんですよね。「字ばっかりで嫌だ」とか。書籍が字ばっかりなのはしょうがないじゃないか、と思うのですが。
 しかし、漫画も年齢層が上がってきたせいか、やたら台詞が多かったり、単純ではないものも増えてきました。
 今の受験生にとって、キャリアを考えるには格好の題材と考えます。

 そこで本日はその第一弾、『国境を駆ける医師イコマ』。
 別に第一弾にするにふさわしいとか、大仰な理由ではなくたまたま手元にあっただけです。

 内容は「国境なき医師団」に属する日本人医師・生駒勇作(イコマ)が世界各地で救援活動をするものです。
 もちろん、救援現場は民族紛争が収まったばかりのアジア某国、ボスニアなど。特にボスニア編では民族紛争の醜さをこれでもか、とばかりに描いています。レイプ、監禁、虐殺、民族浄化、そしてそれぞれの現場での手術。
 広島の原爆を描いた『はだしのゲン』は被爆の悲惨さを描いた名作ですが、こちらはある意味ではそれ以上に悲惨と言えるでしょう。しかもこれは漫画家によるデフォルメはあるにしても、ほぼ同様の事実が10年前、あるいはつい最近まであったのです。

 これらを高校図書館が所蔵しようとする場合、保守的な管理職や教育委員会は反対するかもしれません。しかし私は医療、あるいは国際関連の職業・大学を志す高校生には読んで欲しいと思います。
 特に国際関連の学部を考える受験生は大学パンフレットの「国際人を養成する」云々という美辞麗句、あるいは黒柳徹子的慈善の「世界は話し合えば平和になる」を単純に信じている節があります。
 それら全てを否定はしませんが、私はそれが解答でいいのか、と強く疑問に思います。そしてそれだけでは、おそらく世界に出て行っても相手にはされないでしょう。
 国際問題の悲惨な部分を直視する。その上で国際的な職業につきたい自分の希望を実現するにはどうするべきか、を考えて欲しいと思います。
by reiji0 | 2005-10-05 16:11