ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

a 片付けを始める

どうせ人が来ないし…、と思って片付けをはじめたあなた。今まで暇だった反動で片付けは思いのほか早く進みました。
さあ、あとは帰るだけと思った午後3時50分。

「あのー、今日オープンキャンパスですよね」

なんとこの期に及んで受験生がやってきてしまいました。しかも家族連れ。
なんで今さら来るんだよ、と口にこそ出しませんがどうしても表情に出てしまいます。

すると父親が切れはじめました。

「おい、なんだその態度は!来ちゃ悪いのか、なあ!」

「あ、いえ、そういうわけでは…」
ととりなすあなたですが、父親の怒りは頂点に達しています。

「じゃ、どういうわけだよ!看板から何から全部片付けているじゃないか!」
もちろん反論などできません。

「個人経営の居酒屋は客がゼロだとさっさと店終いするが、ここは高等教育機関の大学だろうが!それとも何か、ここは居酒屋以下なのか?」
居酒屋以下には反論したいのですが、相手の怒りはまだ収まりません。

「そうか、ここは潰れる間際の居酒屋以下なんだ、実態がわかって良かったよ。なあ×子、こんな潰れかけの大学行くのなんか、お父さん許さないからな!」
そう言ってこの親子は帰ってしまいました。

もう少し片付けをゆっくりしていれば、と激しく後悔したのは言うまでもありません。

b 他の教職員と雑談をして時間を潰す
客がいなくて暇、思わずあくびが出ます。すると同僚も暇だったようで話し掛けてきました。

まあ、どうせあと1時間で来るわけないし…

そう思っていたら1人来ました。
ただ、受付にいたあなたは同僚とのおしゃべりに夢中でしばらく気付きませんでした。

「あ、ごめんね、気付かなくて」
と声を掛けましたがその受験生はきびすを返して帰ってしまいました。その夜、

「この大学、最悪!受験生が来たのに気付きはしない、ひどい」
と某2ちゃんねるにスレッドが立ちましたとさ…。

c 特に何もしない

あと1時間やることのない、あなたですが、しかしじっと待っていました。
すると残り10分で受験生来場。

「まだやっていますか?」
と不安そうな表情です。

「大丈夫、何でも質問して」
と笑顔で答えるあなた。結局、終了予定の4時を大幅に越えました。
しかし、受験生を一人確保できたのは間違いないようです。
by reiji0 | 2006-10-29 22:34

昔の色で出ています

●AERA2006年10月30日号
表紙は佐藤卓

鉄道会社で「旧塗装」ブーム
昔の色で出ています(48ページ)

 雑誌ではいつも大学・教育・就職ものが多いのですが、鉄道ものはこれが初めて。
 タイトル通り、旧塗装の車両についてです。この1ページのために熊本まで取材に行きました。崇城大学、九州東海大などが目の前にあったのに時間切れで見学できなかったのは残念。

 しかし、考えてみれば大学生までは鉄道に相当つぎ込んだわけで、これでいくらか回収できたかな、と。
by reiji0 | 2006-10-24 17:47
 あなたは蠣崎大学の広報課職員です。蠣崎大学は東日本の小規模大学、かつ新設10年目で知名度があまり高くありません。
 あなたはオープンキャンパスの担当者となりました。
 色々手配して迎えた開催日当日。

 なんと受験生はほとんど来ません。午前10時から午後4時まで開催と告知したのですが、午後3時の時点で入場者延べ人数は20人、しかも今は誰もいません。

 残り1時間、来る気配はなさそうです。さてあなたはどうしますか?

a 片付けを始める
b 他の教職員と雑談をして時間を潰す
c 特に何もしない
by reiji0 | 2006-10-22 16:20

今週の掲載情報

●AERA
2006年10月23日号(表紙はポーラ・クリーマー)
「Dr.コトー育てる中高一貫校」

●エコノミスト
混乱招いた総合学習時間

●SPA!
全国大学珍名学部・学科探訪

先週は一気に校了がきました…。
by reiji0 | 2006-10-16 15:25
 解説編の続き。今回は全選択肢ともバッドエンディングとしましたが、あえて順番をつけるとしたら
d>>b・c>>>a
となるでしょう。

まず、dですが即答できないなら相手の連絡先を聞く、自分で該当部署に連絡して聞く、その上で相手に連絡する。
これ、民間企業ではどこでもやってくれる話なのですが、大学業界ではなぜか常識ではないようです。
この方法、広報担当者は面倒です。電話を一度切って自分で調べてまた連絡しなければならない。
でも、広報担当ならその面倒さにこそ、給料が支払われる意味があるのであって、民間企業や一部の良心的な大学でできることを、あれこれと理屈をつけてしないのは、相当な問題があるように思います。

このdの選択肢を選ばない大学関係者のうち、高圧的でない人はbを選んだはず。
一見すると、自分でわからないことは該当部署に内線電話を回す、という方法は正解かもしれません。
しかし、これは実は大学の評判を落としかねない危険な行為です。
まず、内線を回す、と言うことは該当部署が電話をかけてきた保護者に対して相応の対応をするものと期待しているからです。
この期待がもし勘違いだったらどうでしょうか?

例えば今回のケースでは、広報担当者は就職状況の説明を就職担当部署が電話をかけた保護者にしてくれるものと期待しています。
しかし、就職担当者にしてみれば、いきなり電話をかけてきた保護者に就職状況の説明をどこからどこまでしていいのかが分かりません。防衛本能が働いて、当り障りのない説明に終始して突っ込んだ質問には回答拒否することも十分にありえます。
この場合、当り障りのない話しかできない就職担当者よりも、事前にどこまで話すべきか説明していない広報担当者の方が重罪です。そもそも、「どこまで話すべきか」という判断を自分以外の他者に押し付けてしまうことは無責任であることを自覚するべきでしょう。

cの「パンフレットを読む」も相当問題です。相手がパンフレットを入手しているなら、「パンフレット程度のことしか話せない」と失望するでしょう。
相手がパンフレットを入手していなければ、入手後にやはり失望します。
それに多くの大学パンフレットには就職欄は注目が高いのに当り障りのないことしか書かれていません。産業別就職先とかどうでもいいことを書いていて、卒業者数・就職者数などの詳細データを載せていないのは…、ま、これは別項で。

一番論外なのはaの電話番号を伝えるだけ、です。相手は大学に興味を持って聞きたいことがあり電話してきているのに、かけ直せとはひどくないですか?民間企業では考えられない愚行です。

取材依頼から受験生・保護者のちょっとした質問まで、まずは電話から始まります。メールということもあるでしょうけど、基本はやはり電話。
そしてその電話の矢面に立つのが広報担当部署です。はっきり言いますが、相当くだらない質問も多く、それらをひっくるめて引き受けるのが仕事と考えてみてください。
by reiji0 | 2006-10-08 10:30
【解説】
電話は大学の顔であり広報の要と知れ

大学や専門学校、高校などの教育機関と一般企業の大きな違いがこの電話対応です。一般企業ではあり得ない電話対応が次々と炸裂します。今どき、役所でもあり得ないだろうという高圧ぶり。
霞ヶ関官僚が親方日の丸を背に偉ぶるのは分からないでもないですが、少子化で生徒・学生獲得競争の激しいご時世、なぜかくも偉ぶれるのかは、日本の不思議と言ってもいいでしょう。
ちなみに霞ヶ関官僚も巷間で言われているほど電話対応はひどくなく、大学関係者の高圧ぶりは芸能事務所、公益法人などと日本一を争っています。
例えば、知人の全国紙記者が

「××新聞の●●です」

と名乗っても、耳が遠いのか

「はい?どちらさん」

と聞き返した挙げ句、

「それで?ご用件は?」

「今どきの若い者は礼儀知らず」なんてよく言いますが、今どきの大学関係者は私がお付き合いさせていただいている少数の例外を除けば、聞き直すときは「失礼しました」と一言言うのを知らない「若い者」以下です。

 全国紙の記者でさえこういう扱いですから、小規模な出版社やフリーライター、受験生だと、まあろくな扱いは受けません。
 ある受験生がホームページで説明会開催を知り、大学に行ったときのこと。広い大学で迷ったので広報課に電話してどこで開催しているか携帯電話で聞いたところ、女性職員がそれはそれは冷たい声で

「説明会は今日ではありません、ガシャ」

かくて時間と交通費が無駄になった受験生ですが納得行かないので後日、もう一度電話して別の職員に確認したところ、

「あの日は××棟の1階ホールで開催していました」

何故当日に案内してくれなかったのか、とその受験生が怒ったのは言うまでもありません。

私も掲載誌未定の予備取材で某ミッション系大学に福祉就職の実績について問い合わせたところ、

「本学では掲載誌が決まってからの取材しかお受けしません。また、掲載後には掲載誌を送っていただくことにしております」

とご丁寧な返事をいただきました。あれは私がまだライターとして活動を始めたばかりで「うちはあまり取り上げて欲しくないんだ」という校風や礼儀を教えてくれたのでしょう。
このご恩に報いるべく、現在に至るまでこの大学の存在は忘れるようにしています。

 さて2回目にしてどの選択肢を選んでもバッドエンディングとしましたが、これには理由があります。
 広報担当者になって、保護者から聞かれることと言えば、入試(奨学金など含む)・学部内容・就職の3つに決まっています。あとは留学やサークル生活がちょっと入る程度ですか。
就職は一番聞かれるのは明らかなわけで、それを即答できないのは問題です。

「でも広報に異動したばかりだったら仕方ない…」

 もしそう考えた大学関係者がいたら、それは一般社会から隔絶していることを意味します。電話した保護者にとっては広報に異動したばかりかどうかなんて知ったことではありません。
高い学費を出すに値するかどうか、知りたいから電話しているのであって、広報担当者はそれに答えるのが仕事です。
大学のことを聞かれたら即答しろとまでは言いませんが、それでもよく聞かれるであろう就職のことは事前に勉強しておくべきでしょう。また、大学経営者側も、広報担当者には異動前に十分レクチャーするなど策を講じるべきです。
それをせずに広報に異動させ、電話対応で「就職のことは分からない」と答えてしまうのは、不勉強な職員、勉強させない経営側、両方に問題があります。
というあたりでこの話続きます。
by reiji0 | 2006-10-05 15:39
 今週のAERAで就職特集(巻頭)で大学3年生の就活の始め方、半ばでロースクール特集をそれぞれ担当しました。
 特にロースクール特集は法学部のある大学関係者は必見です、いやそうだと信じたい…。
by reiji0 | 2006-10-04 16:35

広報上手シリーズ

 広報上手シリーズ、2回目はなんと全選択肢がバッドエンディングとなりました。ま、それなりに理由はあります。解説編を乞う御期待。
by reiji0 | 2006-10-04 16:33 | 日記
【結果】

a.就職担当部署の電話番号を教え、かけ直すよう頼む
「申し訳ありませんが、こちらでは詳しいことは分かりかねます。就職支援課の番号をお伝えしますので改めていただけますでしょうか?」
あなたがそう伝えると、相手は怒り出しました。
「かけ直せと言うんですか?今どき、就職状況は大学にとって切実な話でしょう。それがすぐ分からない様ではオタクもたかが知れていますね。もういいです、うちの子は受験させません。就職状況がぱっとしないことを教えていただいて感謝しますわ!」ガシャン。
 最後は捨て科白です。電話の切れる音とともにこう思わずにはいられません。
「こんなはずではなかったのに…」

b. 就職担当部署を紹介し、内線を回す
「申し訳ありませんが、こちらでは詳しいことは分かりかねます。就職支援課に電話を回しますので少々お待ちください」
分からない話は当該部署へ。そう考えて内線を回すと30分後、また保護者からでんわがかかってきました。
「細かい話は一般人には話せないと言われたけど、どういうつもり?ちょっとしたデータを調べるにも時間はかかるし、まだ入学していないからと言って馬鹿にするにもほどがありません?こんな大学、受験するのやめておけとうちの子によく言っておきますわ!」ガシャン。
最後は捨てゼリフです。
「なんで当該部署が対応してくれないのだろう」
そう思わずにはいられませんでした。

c.手近にあった大学パンフレットの就職の欄を読む
「就職状況ですか?私も詳しいことは分かりかねますので、パンフレットに書いてあることをご紹介させてください。本学の…」
手近にあったパンフレットの就職欄を読んで紹介しようとすると相手にさえぎられました。
「そのパンフレットなら私も持っています。それで分からないから電話しているんです。パンフレットを読むしか能がないようではオタクの先も知れていますね。失礼」ガシャン。
 人が親切にパンフレットを読もうとしているのにこの態度。
 「そんなのひどくないか」
とあなたはつぶやくのでした。

d.詳しく聞いた上で連絡先を聞き、一度切って再連絡する。
「詳しいことは分かりかねます。お調べしたうえで改めてご連絡したいのですがいかがでしょうか」
そう言って、相手の連絡先を聞こうとしたあなたでしたが、
「すぐわからないなら結構です」
と言って電話をきられてしまいました。
「何がまずかったんだろう…」
by reiji0 | 2006-10-04 16:31
 あなたが広報課に異動してから電話番をしていたときのことです。

 受験を考えている保護者から

 「うちの子が受験を考えているが卒業後が心配だ。就職状況について教えて欲しい」

と電話がかかってきました。

 あなたは就職状況について詳しくなく即答できません。その上で、どのように対応しますか?

a.就職担当部署の電話番号を教え、かけ直すよう頼む
b. 就職担当部署を紹介し、内線を回す
c.手近にあった大学パンフレットの就職の欄を読む
d.詳しく聞いた上で連絡先を聞き、一度切って再連絡する。
by reiji0 | 2006-10-02 00:06