ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0

<   2008年 04月 ( 46 )   > この月の画像一覧

 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 この時期、どう評価されるか全く分からない状態で仕事に手がつかない石渡です。アマゾンは400~1000位前後をうろうろとしていますが、それはそれ。
 リアル書店での評価が気になるところです。紀伊國屋の総合ランキングではランクインできなかったものの、取次会社3位の大阪屋が発表している週間ランキングでは、学習参考書部門で25位に入りました。
 明日か明後日には大学新聞社の記事とチラシも入りますので応援のほどよろしくお願いします。
 
by reiji0 | 2008-04-30 16:26 | 日記

会社設立は簡単だった

 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 今月下旬に個人会社を設立、建前の上では

 株式会社石渡研究所 代表取締役

 ということになりました。
 この話をすると、

 会社って簡単に作れるものなの?

 とよく聞かれるので本日はこのネタを。
 結論から行くと、簡単に作れます。

 設立方法は同じライターの方がブログにまとめているのでそちらをどうぞ。

 節税できる? 中年ライターの会社設立奮闘記

 ここではその補足をしていきますね。

①定型書式
 定型書式は奮闘記ブログにもある、日本法令のテンプレート集が便利です。これに会社名などを入力するだけで済みました。

②定款
 定款は公証人役場に行って認証してもらう必要があります。収入印紙は事前に郵便局などで購入しておきましょう。
 会社の業務内容は何を書いても良く、私の場合、シャレで

 大学設立

 などと入れようかと考えました(やめたことは言うまでもありませんが)。
 公証人役場と法務局での登記段階では、それほど問題にはなりません。しかし、銀行・信用金庫などで口座を開設するとき、あんまり定款にふざけたことを書いていると信用を落とします。

③登記
 司法書士に頼む方もいます。確かに資本金が100万円単位の大きな会社であれば任せた方が良さそうです。でも、ライターの個人会社で資本金も少額であれば個人でやった方が早いような…。ちなみに石渡研究所は資本金1万円です。
 法務局に行って、書類不備があればお呼びがかかりますが、よほどひどい間違いをしていない限りは訂正してすぐ登記してくれます。

④金融機関
 会社を設立しても、金融機関に口座を開かないと意味がありません。しかも、その前に個人の口座で資本金を払い込んだ通帳が必要です。
 普段使いの通帳でもいいのですが、資本金の払込のみにしておく必要があるのでちょっと面倒。私は某信用金庫に行って、まず個人口座を開きました。
 その上で、定款・登記簿等を持ち込んで会社の口座を開いたのですが、これがまあ面倒。開設前に営業担当者の訪問を受けなければなりません。
 金融機関の理屈としては、

 幽霊会社が実に多く、犯罪目的の開設も少なくない。金融機関としての責務を果たすために実態調査が必要であり、そのためには本店所在地を訪問しなければならない。

 ということらしいです。金融機関の中には、口座開設そのものを敬遠するとか。
 訪問といっても、別に難しい話をするわけではなく、普段こんな感じで働いています、という話をちょっとしてあとは雑談して終わり。
 ただ、定款にふざけたことを書いているとここで突っ込まれる可能性大。
 私の場合はお茶を飲んでおしまいでしたが。

 こうした苦労を経て、今、手元には会社名義の通帳があるのです。 
by reiji0 | 2008-04-30 13:44 | 日記
 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 昨日の続きです。本・マンガの選定基準は、高校生向けかどうかではなく、それぞれの業界を目指す高校生が興味をもてるかどうか。これを第一としています。
 この「興味」を主軸としつつ、異なる軸から本・マンガを選定していきました。詳細は以下の通りです。

①職業・業界直結型
 入門編として、おさえておきたい本・マンガがこのカテゴリーです。
 観光・航空でしたら、元・ANAフライトアテンダントであるKEIKOさんの『伝説のスッチー』シリーズなどが該当します。

②職業・業界直結・深化型
 ①と同じですが、「ちょっと考えてみようか」レベルの高校生だと読むのはややつらく、「頑張って××になりたい」と真剣に考える高校生だと面白く読める本・マンガがこのカテゴリーです。
 環境・動物編だと、中西準子さんの『環境リスク学 不安の海の羅針盤』などが該当します。

③一見まったく無関係型
 ①・②とベクトルが正反対。ぱっと見、全く関係なさそうな本・マンガがこのカテゴリーです。
 あえてそれを出している理由は関係なさそうでも実は深いところではつながっていたり、あるいは結果的に参考になる、と考えたからです。
 例えば、マスコミ編で週刊ダイヤモンド記者の千野信浩さんが書いた『図書館を使い倒す!』なんかはまさにそうです。
 あるいは佐藤優さんの著作も外交官を志望するなら役立つので、やはりこのパターン。
 料理・栄養編で出したなだいなださんの『アルコール問答』もそうですね。酒に関する仕事を目指すのであれば、酒の知識を広く持つのは当然として、アルコールが起こす害、すなわちアルコール依存症についても知っておくといいのでは、と考えたからです。

 今回は、こうした選定基準によって600冊を選びました。ただ、惜しむらくは時間切れだったとは言え、このカテゴリーをきちんと明示できなかったことです。それにボリュームもどうせなら1000冊くらいあっても、と今では考えています。
 このあたりは来年版に反映する予定です。来年版が出せれば、ですが。
by reiji0 | 2008-04-29 21:31
 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 本日は本・マンガの選定基準について。
 結論から申し上げると、全くの独断と偏見です。

 自分が読んで高校生に紹介してしかるべき、と考えた本・マンガがほとんどです。
※ただし、一部には取材先等が勧めた本・マンガを出しています。

 こういう話を出版業界関係者に話をすると、ほぼ間違いなく

 「うちの本は高校生向けの本は出していないから」

 との反応が返ってきます。でも、これは正直、残念な反応と思います。

 一例を挙げましょう。世間には鉄道オタクと呼ばれる人々がいます。鉄道オタクでまずければ、鉄っちゃんでも鉄子でもなんでもいいや。
 この鉄道オタクは『「民都」大阪対「帝都」東京 思想としての関西私鉄』ですとか、『満州鉄道建設誌』ですとか、興味があれば普通の大人が絶対に読まない本でも平気で読みます。

 鉄道オタクは一例にすぎません。他の分野でも同じです。普段、本などほとんど読まないプロ野球選手志望の高校生であっても、小関順二さんの『プロ野球問題だらけの12球団』シリーズは間違いなく読むに違いありません。なぜなら、スカウト・戦力分析を毎年しているシリーズであり、野球選手を志望するのであればかなり切実な話が盛りだくさんだからです。

 それでは小関さんと編集者(昨年版までは草思社、今年からぴあ)が高校生を読者対象としているか、というとそれはおそらくはないのではないでしょうか。おそらくはプロ野球ファンの社会人を主対象としているはずです。

 このように、想定する読者対象は高校生でなかったとしても、結果的には

 「その分野を志す高校生にしてみれば面白く読める本」

 は多数存在します。今回の『時間と学費をムダにしない大学選び』での本・マンガの選定基準はこれが第一点です。

 実はまだあるのですが、本日は力尽きた(と言っても仕事はせず)ので次回に続きます。
by reiji0 | 2008-04-29 00:38
 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 私の以前の著作、『15歳からの大学選び』ならびに『15歳からの大学選び トレンド業種志望編』についてお問い合わせがありました。ここにお知らせする次第です。
 なお、以下、2冊については『15歳』シリーズと省略します。

①内容
 今回の『時間と学費をムダにしない大学選び』同様、『15歳』シリーズも高校生を主要読者とした進路ガイドです。

②刊行年
 『15歳からの大学選び』は2004年、『15歳からの大学選び トレンド業種志望編』は2005年に刊行しました。そのため、2003~2005年の情報を基本としており、それ以降の情報を反映していません。

③販売について
 版元の小学館は絶版としておりません。そのため、一部の書店様では現在も販売を継続しています。ただし、内容の古さから取扱をやめる書店様が多いと聞いております。

④高校生・保護者・高校教員等一般の読者様に対して
 もし、進路ガイドをお求めでしたら『15歳』シリーズよりも『時間と学費をムダにしない大学選び』をお勧めします。
 職業、業界、資格・採用試験、あるいは参考図書・マンガの紹介数は『時間と学費をムダにしない大学選び』の方がはるかに上です。
 それに『時間と学費をムダにしない大学選び』は2008年2月頃までの情報を盛り込んでいます。『15歳』シリーズは最新でも2005年ですので明らかに情報が古くなっています。
 一例を挙げると、新司法試験について、『時間と学費をムダにしない大学選び』では法科大学院の優劣から未修・既修の違い、どちらが有利か、などについても触れています。
 一方、『15歳』シリーズではまだ開設前でしたので試験の概要しか解説していません。

⑤2004~2005年頃の進学情報を知りたい資料目的の読者様に対して
 どの程度、資料としてお役に立てるかどうかは分かりませんが、古いことを前提にお買い求めいただけるのであれば幸いです。
by reiji0 | 2008-04-27 10:04
 『時間と学費をムダにしない大学選び』絶賛発売中!
 一昨日、昨日と2日間で都内の主要書店を8店舗回ってきました。受験参考書コーナーに置く書店様が多い中、丸善オアゾ店様、三省堂神田神保町本店様ではビジネス書コーナーにも展開していただいていました。
 考えてみれば、年収ランキングは週刊ダイヤモンドやプレジデントなどの年収・給料特集とかぶる部分があるのでビジネス書でも売れるかもしれません。

 さて、昨日から30日まで山手線に広告を出してもらっています。進行方向右側、前から2番目の扉の横、窓・網棚の上あたりにあります。
※外回り(路線図を時計回りに運行)だと進行方向右側・前から2番目です。しかし、内回り(路線図を反時計回りに運行)だと進行方向左側・前から3番目になります。


b0013915_9433416.jpg

 偶然でしょうけど、右側に私立中学・高校の広告が入っているのも相乗効果があるかな、と。










 キャッチコピーも

 オレより稼ぐ子になってほしい!

 が効いていますね。この名コピーは担当編集者さんが付けてくれました。

 山手線の車内広告は30日まで、そして5月は7日から11日まで掲載されています。
by reiji0 | 2008-04-27 09:46

ご紹介多謝!

 『時間と学費をムダにしない大学選び』絶賛発売中!

 発売直後に売れ行きが気になるのはどの著者も同じ。『ぼく、オタリーマン。』のよしたにさんも気になるようで…。
 ちなみに、ジュンク堂池袋本店の前日在庫と紀伊國屋HPのランキングを見れば一発で分かります。著者にとっては怖い話ですが…。

 さてありがたいことにすでにブログにてご紹介いただきました。

 武蔵野美術大広報の手羽さんとジャーナリストの若林亜紀さんです。

 ムサビ日記 広報の手羽

 若林亜紀のブログ

 若林さんは公務員関係のジャーナリストとして有名で、この3月にも『公務員の異常な世界』(幻冬舎新書)を刊行されました。

 
by reiji0 | 2008-04-25 22:45
 『時間と学費をムダにしない大学選び』、絶賛発売中!

 本日の一部公開は資格試験・採用試験です。本書では、できるだけ平均合格率を付記することで、受験生が志望する大学のポジションがどのあたりにあるのか、検討できるようにしました。
 合格率を出していない大学さんは今後、受験生・保護者から結構突っ込まれるはずなので覚悟しておきましょう。

●国家公務員Ⅰ種 36.0%
●新司法試験 40.2%
●社会福祉士 25.1%
●医師国家試験 87.9%
●歯科医師国家試験 74.2%
●理学療法士 94.2%
●作業療法士 89.1%
●臨床検査技師 79.9%
●臨床工学技士 84.9%
●診療放射線技師 84.3%
●言語聴覚士 59.7%
●獣医師国家試験 84.7%
●管理栄養士 81.8%

 
by reiji0 | 2008-04-25 12:39
 『時間と学費をムダにしない大学選び』絶賛発売中!

 昨日はジュンク堂新宿店様に挨拶に行きました。今日以降もいくつか書店を回る予定です。
 本日は17章アニメマンガゲーム編の一部公開です。ここも結構難産でした。だって、漫画家もマンガ編集者もマンガ学部や美術学部に行かなくても慣れるわけで…。それ以外のルートはどうなのか、という点を厚めに書きました。

【大学受験のモデルプラン】         
①漫画家or漫画編集者になる                    
東 早稲田(文or文化構想)―東京大学(文)or上智(文or神)―明治(文)or中央(文)or武蔵野美術(造形)or多摩美術(美術)or東京工芸(芸術)
西 立命館(文)or関西学院(文)or同志社(文or神)―大阪芸術(芸術)or近畿(文芸)or追手門学院(国際教養)―京都精華(マンガ)
           
②アニメ・ゲーム業界に進む
東 東京芸術(美術)or千葉大(工・デザイン)or武蔵野美術(造形)or多摩美術(美術)―東京工芸(芸術)or東京造形(造形)or女子美術(芸術)or日本(芸術)
西 京都市立芸術(美術)or大阪芸術(芸術)―京都精華(マンガ)or京都造形芸術(芸術)or宝塚造形芸術(メディア・コンテンツ)or大阪電気通信(総合情報・デジタルゲームorデジタルアート・アニメーション)

③専門学校
日本工学院専門学校クリエイターズカレッジ、日本デザイナー学院、東京アニメーター学院、日本ナレーション演技研究所(声優養成)、代々木アニメーション学院、東放学園映画専門学校、東京コミュニケーションアート専門学校など

【マンガ】
『僕の小規模な失敗』

【書籍】
『ゲーム屋のお仕事』

【業界裏話】
マンガ編集者、25歳男性
→「マンガ編集者はなりやすい、なれないと言われているのは大誤解」
by reiji0 | 2008-04-24 01:02
 『時間と学費をムダにしない大学選び』、ついに本日発売!

 とうとうこの日が来ました。書店店頭に並ぶのは明日以降のところもあるかもしれませんがよろしくお願いします。
by reiji0 | 2008-04-23 13:44 | 日記