ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

東洋大広報誌

 今月下旬発行の東洋大広報誌に『時間と学費をムダにしない大学選び』の書評を掲載していただきました。

 「著者二人は大学時代から大学に関心を~」というあたりは共著者・山内太地のみであって、そのとき私は何をしていたのだろう…。
 ま、本と漫画をひたすら読んで、あとは日用雑貨の販売アルバイトで関東一円を飛び回っていたような…。

 それがすぐ何かの役にやったわけではないのですが、どこかで今の仕事に生きています。急がば回れとは本当のことだ、と今さらながらに実感。

 湘北短大の講演は無事に終わり、来週月曜の17私大連絡会での講演で6月講演は終了。

 ちなみに、2006年にグリーンネットワークと言う大学職員勉強会にも呼ばれていたのを思い出しました。
by reiji0 | 2008-06-28 11:13 | 日記

過去の講演

『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!
角川書店『転職は1億円の損』は鋭意執筆中!

 明後日に湘北短大の講演を控え、その原稿も書かなきゃ…。
 そう思いつつ、過去の講演、どれだけやったか、ちょっとまとめてみました。


2002年 北海道・札幌第一高校・2年生
→確か母校の先生の引きで実現。ただ、しょっぱなから数百人の生徒相手に話をするのは結構きつく、だだすべりだったような気が。

2003年 長野県・県立中野西高校・2年生
→小学館『15歳からの大学選び』を2年生全員に購入してくれた奇特な高校。さらに講演の話もくれて大感謝。まあまあうまく行ったかな、と。

2004年 長野県・県立中野西高校・2年生
→2年連続で。でもその後はご無沙汰に…。

2005年 地域科学研究会・大学教職員20人
→大学の財政公開について。確か、ピンチヒッターで登場。でも、専門外で結構すべった。

2006年 大阪府・府立此花高校・2年生
→学研の引きで。という割にどんな話をしたのか、ちょっと忘れた。多分、すべり気味かな、と。

2007年

7月 大阪府・府立八尾翠翔高等学校・保護者50人
→学研の引きで。保護者向けなので結構ピンポイントの話が受けていた。

10月 高等教育問題研究会・大学教職員約40人
→高橋真義教授の引きで実現。ここのご縁で話は結構広がった。まあうまく話した方だとは思う。

11月 立命館大・3年生20人
→高校の後輩の引きで実現。そう言えば、みんなうまく内定取れたのかな…。

11月 京都大若手職員勉強会・大学職員50人
→フロックで実現。このあたりから時間配分を気にするなど、講演では当たり前のポイントを抑えるようになる。

2008年
3月 地域科学研究会・大学教職員40人
→前回のだだ滑りほどはひどくなかった。このときは山内太地・小林哲夫というほかの講演者にも恵まれたことも幸いした。

3月 国立大学マネジメント研究会・大学教職員など20人
→高等教育問題研究会の縁で実現。

3月 大学新聞社・大学広報職員70人
→今のところ、一番受けは良かった。対象がはっきりしているので話をしやすいことも影響。アンケートでは賛否両論分かれていたらしい(笑)。

6月 摂南大学・日経新聞連携講座・大学生120人
→日経の編集委員に日銀京都支店長に松下の役員など偉い人がズラリ。そういう講座になぜか招聘される。就活がネタなので結構聞いてもらえた。ただ、目のシバシバが講演中に発生、意味もなく涙を流し、学生を引かせたのがちょっと痛い。

6月 北大・北海道塾・学生など20人
→北大修士生・北星学園講師、あと肩書きいくつあるんだっけ、という江口さんの引きで実現。講演というよりはセミナーだけど面白かった。

6月 湘北短大・大学教職員50人
6月 東京17私大連絡会・入試関係者40人
9月 2件ほど調整中

 調整中のものも含めると18回。もう少しで20回。講師としてご興味ありましたらご連絡を。
 
by reiji0 | 2008-06-23 10:08 | 日記
 また、しばらく更新をさぼる予定なので、今日はあと2本ほど。

 高校時代の友人Tが鉄道の写真集を出しました。

 ネタは、札幌市営地下鉄東西線6000形の廃車風景です。古い地下鉄車両が回送されていき、どうなるのかをまとめたそうです。
 よくまあ、そういうネタを拾ってくるもんだ(笑)。

 マーケットとしてかなり狭いような気もしますが、420円なのでご興味ある方はこちらからどうぞ。ネットからダウンロードできます。
by reiji0 | 2008-06-19 10:47 | 日記

慶応の悪口

 久々の更新。昨日、日本テレビ系列の「スッキリ!」を見ていたところ、

 モンスター慶応ペアレント

 なる表記が出てきました。要するに、慶応であることを過剰に自慢する親を揶揄する内容でしたが、他にも

 やたら校歌を歌いたがり、やたら某早稲田の悪口を言いたがるOB

 やたら出身校を気にする在校生

 などアンチ慶応のオンパレードでした。
 ま、確かにそういう面があることは否定はしませんが。

 ただ、例えばやたら校歌を歌いたがるOBが多いのは何も慶応だけでなく早稲田でも明治でも同じですし(そういや我が母校、東洋の校歌って何だっけ?)。

 出身校や学歴ネタをやたら気にするのは東大などでも多いはず。ちょっとアンチ慶応に偏りすぎているのかな、との感想を持ちました。

 じゃあ、お前の『最高学府はバカだらけ』は何なんだ、と言われたらまあその通りなんですが。

 
by reiji0 | 2008-06-19 10:35 | 日記
 ひさびさに『時間と学費をムダにしない大学選び』の感想を発見。

 本でも紹介した、「ある編集者の気になるノート」様です。ありがとうございました~。
by reiji0 | 2008-06-16 08:42
 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 今週は移動の多い週です。

火曜:東京→大阪キリスト教短大(訪問)→摂南大寝屋川キャンパス(日経連携講座の講演)→東京
水曜:東京→千歳→名寄市立大(訪問)→道立滝川高校(訪問)→札幌
水曜:札幌→帯広三条高校(訪問)→札幌

 摂南大の講演はまあうまく行った方かな、と。名寄市立大は本当に遠かった…。小規模でいいとは思いますけど、でも小都市にある小規模大なので「色々な学生がたくさん集まって」という学生生活はちょっと無理あるでしょう。

 本日は北大・北海道塾の講演。何か半分は懇親会のようなものらしいです。

※しばらくは週2回程度の頻度に落ちます。ご了承ください。
by reiji0 | 2008-06-13 10:29 | 日記
 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 土曜日に公開初日の映画「ザ・マジック・アワー」を見てきました。三谷ファンだし、気になっていたもので。

 何しろ、ほぼ毎日のように様々な番組に出演して宣伝しているし、札幌ビールのコマーシャルまでコラボしているし、気にならないわけがありません。
 どれだけ出ているのか、と思ったら、昨日のフジテレビ・プレミアAで

 100本

 出た、とのこと。もちろん、100本目がプレミアAです。
 エッセイなどに書いていますが、ご本人は実は相当な人見知りです。でも、100本も番組出演をして映画宣伝をするのは、それだけ映画を見て欲しいという強い思いがあるからこそ。

 こういう姿勢は見習わなければ、と思いました。
 肝心の映画の方は三谷作品だけあって面白かったです。ただ、前作の有頂天ホテルよりは展開がやや遅い気がしました。

 でも、ラストの指ピストルの乱射なんかはいいオチです。
 
by reiji0 | 2008-06-09 10:38 | 日記
 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 学習参考書ランキングを設けている大阪屋のランキングで22位に復活しました!

 この大阪屋のランキング、最初の週で25位、次の週がランキング落ち、その次が23位かそのあたりで、それから2週はまたランキング落ちと出入りが激しいです。
 大阪屋は日販、トーハンに次いで3番目の取次ぎ会社。かつ某ネット書店の取次でもあるので、これはそれなりにいい動きを見せている、ということなんでしょうか。

 光文社の販売の方によると、高校様からのまとめ買いもまだあるようで嬉しい限りです。
by reiji0 | 2008-06-05 10:32

『蟹工船』読了

 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 小林多喜二の『蟹工船』がブーム、ということで各書店で平積みになっています。私も読んでみました。
 文体や方言に慣れるまでは読みづらい、など欠点はいくつかありますが、僚船がSOSを出しても放置するなど、労働環境の苛酷さを考えさせる秀作です。

 ただ、最初から最後まで暗いのがちょっと…。

 同じ貧乏ネタの本なら、『動物農場』の作者であるジョージ・オーウェルの『パリ・ロンドン放浪記』、こちらの方が好きです。

 こちらはジョージ・オーウェルがパリとロンドンでそれぞれ貧乏生活をした、そのルポルタージュです。18時間労働をする羽目になったり、そうかと思えば喰うや喰わずの生活だったり、貧乏、という点では『蟹工船』に負けず劣らずです。
 ただ、こちらの方が救いがある、というか明るいです。例えば、ロンドン編に出てくる路上絵師は、「貧乏でもどうにかなる」と考えていますし、パリ編の貧民窟に出てくる詐欺師の話も、ユーモラスです。

 今のところ、全く話題にもなっていない『パリ・ロンドン放浪記』。版元の岩波書店は絶版にしているらしく、古本でしか入手できません。ご興味ある方はお早めに。
by reiji0 | 2008-06-04 10:51 | 日記
 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 まだ、増刷がかかるまでは行ってはいないのですが、それでもじわじわと売れているようです。
 ただ、『最高学府はバカだらけ』のときのような爆発力は残念ながらありません。

 あのときは、確か発売1週間ですぐ増刷がかかりましたからねえ…。しかも、今回のように専門新聞への広告出稿や高校・大学へのビラ送付など、ない状態で、です。
 しかも、サイバカは、「厚い新書は売れない」と言われ、ページを落として256ページ。それでも厚い、と言われ、部数がそこそこ止まり、という事前予想すらありました。それが、5.5万部ですから、これは新書、という版型の勝利でしょう。

 『時間と学費をムダにしない大学選び』は情報量の多さから、どう考えても新書では無理な本です。だからまあ動きがそれなり、というのは仕方ないかもしれません。

 それにしても、書籍の書き手としては単行本の高価格(その分、印税収入も高い)を取るか、新書の爆発力を取るか、悩ましいところです。
by reiji0 | 2008-06-02 15:20 | 日記