ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

エントリーシート悪例

 この間の早稲田イベントで出したエントリーシートの悪例です。どっかで聞いた話もありますが気のせいです。

 
①抽象表現型
 私の強みはコミュニケーション能力です。居酒屋××でアルバイトを3年間しています。今ではホールのリーダー格にあります。リーダーである以上、他のアルバイトや社員とのコミュニケーションが大事であり、私は積極的に取るようにしています。このコミュニケーション能力を貴社でも生かしたいと思います。

②ダブル抽象表現型
私はどんな仕事でも責任感が重要と考えています。私にとって責任感とは、自分に与えられた義務をきちんとこなすことです。その義務とは自分にとって仕事であっても、それ以外であっても同様です。今は責任を果たそうとしない人が多すぎますし、それは企業も同様です。それでも私は責任感をきちんと果たしていく、そんな社会人になっていきたいです。

③スペースのムダ型
 自己PRについて私なりに分析したところ、情報収集力が高いと自分では考えています。ゼミ活動では仲間全員のためにどうするべきか考えました。まず、ゼミ仲間のために下北沢にある石渡研究所を訪問し、代表からゼミに必要な書物やデータを入手、ゼミ仲間に提供しました。それから、ゼミ仲間が公的なデータも必要ということで、私は文部科学省や厚生労働省や内閣府などのデータを集め、これもゼミ仲間に提供しました。そのほか、様々なフィールドワークやインタビューを実施、ゼミ仲間のことを第一に考えて行動した結果、ゼミ発表は満足のいくものができたと自負しています。この情報収集力を貴社でも活かしたいと思います。

④青年の主張型
 私の大学時代の一番の思い出はゼミ活動で就活問題を研究したことです。現在の就活の問題点は長期化・早期化にあると言われますがそうではありません。むしろ、大学や学生のひ弱さに問題があります。就活の問題は大学1年生からでも採用ができたり、インターンシップを強化するなどの自由化をしてこそ、解決すると考えています。調査中、長期化・早期化を問題視する就活の論客を自称するライターの著作も読みましたが、内容が浅すぎと言わざるを得ません。このとあるライターが自由化論を提唱される方と対談したとき、自分の言いたいことを一方的に話すだけで対談として成立していませんでした。就活に関する知識が浅いだけでなく、揚げ足取りに終始する、中身のない方でがっかりでした。こういう方は、そういうスタンスで続けているとライター活動が成り立たないのでは、と他人事ながら心配です。閑話休題、それはさておき、こういう誤った認識が社会には広まっており、私はゼミ活動を通じて就活問題を解決していきたいと思います。

⑤一行・一発芸型
僕には取り柄がありません。でも、仕事は頑張ります。以上。
by reiji0 | 2010-11-30 18:13 | 日記
 久々の更新です。
 本業が忙しいとどうもねえ(笑)。といいつつ、適当にさぼったり、さぼらなかったりの石渡です。

 ダイヤモンド社のダイヤモンド・オンラインで就活の連載を持たせてもらえることになりました。

 「みんなの就活悲惨日記」

 
 某R天にすげー怒られそうなタイトルです(笑)。
 就活のあれこれを書いていきたいと思いますのでご期待ください。

 この連載の特徴は本文の他に「今週の、これちょっと注目~!」というコーナーです。

 その週の週刊ダイヤモンドの記事紹介、それと同業他社の雑誌記事や書籍の紹介コーナーです。

 例えば、今週だと、大特集は「伸びる!お得!中高一貫校・高校ランキング」。この中に塾・予備校の記事が8ページあります。ということは教育業界志望者は読んでおいた方が得のはず。

 単に読めばいい、というだけでなく、どの業界、どの企業の志望者なら読んでおいた方がいいのでは?という観点から選んでいます。

 元々、高校生向け進路ガイド、『時間と学費をムダにしない大学選び』シリーズでは延々とやっていることです。それをこの連載でも生かしました。

 意外だったのは、ダイヤモンド社の打ち合わせの際、週刊東洋経済はじめ、同業他社のも出していいですか、と聞いたところ、あっさり認められたこと。

 まあ、さすがに表紙写真は週刊ダイヤモンドだけで他は出ていませんがそこはご愛嬌(笑)。

 記事や書籍を紹介するにあたっては情実や石渡が出ているかいないか、ではなく、学生の参考になるかどうか。そこが第一です。

 例えば、連載第一回で紹介した週刊東洋経済の先週号「就職新氷河期」には石渡が出ていません。

 だから何?

 そりゃ、俺のインタビュー記事、5ページ載せろよ、とか思わないでもありません。5ページは言いすぎか(笑)。
 そういう恨みつらみをツイッターやブログに書く。あるいは書かないまでもそこを判断材料にして記事紹介を敬遠する。
 それは何か違うだろう、と思うわけです。

 私も人間ですので感情がありますし、こういう性格ですので敵を作りやすい(笑)。×社の×め、「就活記事の担当が変わるので引き継ぎます」というメールを送ってから全スルーのくせに、ずっと就活記事書いて、俺の本は全スルーじゃねえかとか、×社の×、てめえあの××、とか、言いたいことは山ほどあります。もう言っているじゃないか(笑)。

 そうした感情と読者、特に就活中の学生は無関係。就活中の学生にとって、最大目標は言うまでもなく内定を取ること。それなら、その参考になる情報を提供するのが、私の責任です。

 私の感情をもって、提供する情報を操作するのは責任放棄もいいところでしょう。
 私はそのように考えます。

 この連載では、私の独断と偏見によって紹介記事・書籍を選んでいきます。独断と偏見ではありますが、個人感情は排していますので、その点はどうかご信頼ください。

 まあ何よりも不人気なら間違いなくすぐスクラップになるのでご愛顧のほどもぜひ。
by reiji0 | 2010-11-18 14:46 | 日記
 みなさん、こんばんは。
攻撃的過ぎて、無反省で、そのう
ち対談相手がいなくなる、石渡です(爆)。

 ご存知の通り、埼玉大で佐藤社長と対談した際、私は厳しい質問を投げかけました。

 それは佐藤社長が『<就活>廃止論』など就活関連の著作を出されている論客と認めてのことです。
 対談前には同書を読み、ジョブウェブのサイトも一通り見た上で質問させていただきました。
 確かに厳しい言葉などがあったことは確かですが、下劣なる人格攻撃などをした覚えはありません。

 揚げ足取りとのご批判もいただきました。そこは全否定はしません。が、佐藤社長がもう少し、私の質問にお答えいただけていたらそうはならなかっただろうと思います。相手の質問にはぐらかして答えるのが対談の作法と言われるなら別ですが。

 それから、逆の立場、つまり厳しい言葉をぶつけられてきたらどう思うか?とも聞かれました。
そうですね、人格攻撃なら別ですが、それ以外なら「言い負かされてしまった(笑)」で流すでしょう、私なら。なにしろ、ひろゆきフルボッコをネタにしているくらいだし(笑)。
 あるいは、私の就活に関する論点がおかしかった、かつ私がそれを認めるに十分な議論であれば、私が間違えていました、と素直に認めます。
 
 もう1点、仮にですが、対談相手が一会社員であれば、そこまでは言っていません。一会社員、例えばナビサイトの編集長など役職者でも同じです。なぜなら、一会社員は現場にいる代わり、大きな権限があるわけでないし、まして論客ではありません。会社員は公式の場では自由にものを言えないということも分かっています。
そこは相手の立場を考慮し、現場にいる、その方の体験を聞き出すようにします。6月の名古屋大講演(マイナビ担当者、デンソー採用担当者)ではそうしましたし、今後も同様です。

 しかし、佐藤社長の場合は就活の著作多数、かつ、就職情報会社の経営者でもあります。就活の行方を左右する論客の一人と言っていいでしょう。大きな発言力をお持ちの方であれば、色々とお答えいただけると期待していました。が、実際には、はぐらかしたお話しかいただけなかったのは残念でした。

 私は、議論が不十分でしかもネット上でのやり取りはどうかと思います。人に勧められたということもありますが。
 例えば、佐藤社長のブログでは、私が「学生、大学は今のままでよい」というまとめになっています。対談ではそのようなことは言っていません。
 佐藤社長のブログによれば

「石渡氏の発言をもとに整理いたしましたが、石渡氏の本意とは違っているところがあるかもしれませんので、必要に応じて修正させていただきます」

 とあります。それをネットでやり取りするのはどうなんでしょうか。それよりは再対談の方がいいのでは、と思い、その旨を申し込みました。

 が、再対談についてはお断りされてしまいました。
 ツイッターでは、次のようなコメントも。

「何も反省するべきことは無しですか。今後もスタンスは変えることはないということですか。」
「お答えしようにも、私の話を聞くスタンスではありませんでした。あれでは誰も対談してくれませんよ。」

 わあ、強烈(笑)。ツイッターでここまで言われるとはよっぽどのことです。
 ツイッターやブログでは盛んにひろゆき対談での「ぼろくそに言う予定です」コメントや私のブログ記事での「フルボッコにした」を取り上げられていますが、すみません、あれはネタなので、あんまり大マジメにとられても(笑)。

 おそらく、佐藤社長は真面目、かつナイーブな方なのでしょう。ですから、これまでは予定調和の対談などしかご経験されていなかったことと推量します。

 私は論客たるもの、激しい議論をするものだし、ネガティブな反応の一つや二つ、十くらいは飲み込む度量が必要と考えております。
 私も小人ながら論客の末席に座らせてもらっている以上はそうあるべきと思い、ネガティブな反応があっても必要以上に深く受け取らないようにしています。
 佐藤社長は、対談を文字おこしした上で、論点を整理し、私の疑問にもお答えされようとしています。今の時点では度量の大きな方と考えております。

 私の方にも反省はあります。佐藤社長の就活廃止論、例えば通年採用のメリットはどこにあるのか、などを聞きだすべきでした。

 だからこそ、再対談をお願いしたのですがお断りされたのは、はなはだ残念でした。
 ま、気が向きましたら、再対談の件、ご検討ください。
by reiji0 | 2010-11-03 20:58 | 日記
 10月29日の北海道教育大函館校講演には天気が悪い中160人にご参加いただきました。
b0013915_10311051.jpg


 翌日は学生5人と函館オフ会。途中でラッキーピエロという函館のハンバーガーショップに行きました。B級グルメ・B級バーガーとして有名になりつつあります。

 つい乗せられて、函館山バーガーというのを頼んだところ出てきたのがこれ。

b0013915_10356100.jpg


 新書より大きいじゃないか!
 ハンバーガーには箸がさしてあります。これを押さえていないと横に転ぶ、という。

 上からチャイニーズチキン、トンカツ、エッグバーグ。1回で人気1位~3位の味がまとめて味わえて1100円(だったような)。

 おいしいことはおいしいです。ただ、量がハンパでない。昼ご飯に食べましたが、その後は食欲が全くわきませんでした。

 函館駅の近くにもお店があります。
 個人的には朝市のぼったくり価格で何か食べるよりは、ラッキーピエロのハンバーガーの方がおいしいし安くていいのではないかな、と。

 それか、ハセガワストアの焼鳥もいいですね。

 おつき合いいただいた函館の皆さん、ありがとうございました~

 
by reiji0 | 2010-11-03 10:42 | 日記