ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

時間と学費をムダにしない大学選び2012

石渡嶺司 / 光文社



 半年間、手間暇かけてきた高校生向け進路ガイド『時間と学費をムダにしない大学選び2012』を出すことができました。

 今年は岩手・宮城・福島・茨城の被災した高校さんに対して、寄贈したいと思います。
 上限100冊(各高校1冊)、勝手に送るのもどうかと思いますので、ご希望の高校さんに送らせていただきます。
 高校の進路ご担当の先生から連絡をいただくのが一番なのですが、それどころでない先生方も多いかと。もし、進路ご担当の先生以外、先生でも生徒さんでも「この高校は必要としている」という情報があればお知らせください。
 送っても問題ないかどうか、こちらが確認したうえで寄贈します。送料等はこちらが負担します。

 岩手・宮城・福島の東北3県については、東北地区進路指導研究会のご担当の方とも連絡しつつ進めていきますが、もし4月中の送付をご希望の場合は私に直接ご連絡ください。


 それから、被災した高校さんで、私に対して進路講演等をご希望の場合、講演料・交通費・宿泊費等、一切無償でお受けします。

 もともと、進路講演については読者サービスとの観点から採算度外視で受けるものも多数あったのでご遠慮なくお申し出ください。ちなみに大学でも講演についても同様です。
 
被災地以外の高校・大学さんの場合は、応相談で(笑)。


 東日本大震災後、自分にできることは何かずっと自問自答してきました。ボランティアに行った方がいいのか、原稿料を寄付した方がいいのか、他にはないのか。

 私は結局、ボランティア活動はしませんでしたし、大きな金額を寄付したわけでもありません。小銭をコンビニやスーパーなどで寄付した程度です。他は東北産の野菜や米などを買った程度。

 自分にできることは何か。もしあるとすれば、自分の進路ガイドを高校に寄贈すること、それから講演や進路相談などを通して被災した高校生を応援することでしょう。

 ささやかなことではありますが、少しでもお役にたてればこれに勝る喜びはありません。
by reiji0 | 2011-04-14 10:19 | 日記

脱原発デモ

b0013915_21391546.jpg


 一昨日、高円寺で脱原発デモがありました。もともと、このデモを知ったのは普段、デモなどに行かないだろうある編集者から。そのときはへえ、そんなのがあるんだ、という程度。
 当日はネット中継があるので、それを見ていたら面白そうだったので、これは見ておかなければと電動自転車を飛ばして高円寺に行ってきました。
 主催は高円寺でリサイクルショップなどを営むグループ「素人の乱」。
 音楽が主体のデモで、これは一般参加者でもすんなり入っていけるデモだなあと思いました。
 主催者発表では1.5万人。私が17時に手計算で数えたところざっと5000人。ただ、この時点で歩道に溢れる人、一度コンビニなどで休憩する参加者なども相当いたので、主催者発表の数もあながち間違いではないでしょう。

 帰宅後、「就活デモは不支持だったが、この脱原発デモは支持できる」とつぶやいたところ、ツイッター論戦であれこれ。中には「(石渡は)どうせ就活についてはステークホルダーだから」というものも。

 この脱原発デモは就活デモのほぼ対極にある、と私は受け取っています。

①テーマの大きさ
脱原発:個人でどうにかできない大きなテーマ
就活:制度は大きなテーマ。一方、内定が出る出ないは個人の問題

 デモは個人ではどうにかならない大きなテーマに対して、人数を集めて意思表示、政策決定に影響を与える手段の一つです。その点、脱原発というテーマはデモの趣旨に合っているのですが、就活だとどうでしょうか?
 就活時期や制度設計については大きなテーマですが、内定の出る出ないは個人の問題でもあります。現に、昨年の就活デモではほとんどの学生が就活に違和感を持っているにも関わらず、東京では参加者数は100人にも達しなかったことは非常に興味深い結果と言えます。

②デモが一般参加者を巻き込む努力
脱原発:音楽を多用するなど、一般参加者が入りやすい
就活:不明

 就活デモが一般学生や一般社会人に対してどの程度告知したかは知りませんが、まあ不十分だった可能性は高いです。それに就活デモも前半は見学していましたが、単にメッセージを叫ぶだけ。ある意味、正統的なデモとも言えますが、逆に言えば暗い。
 その点、脱原発デモは音楽を多用するなど、一般参加者も入りやすいものでした。ネット中継なども参加者を増やすのに十分寄与したと言えます。

③デモの主体が不参加・不支持の人に対して
脱原発:不明/無関心というか寛容
就活:ツイッターなどを見る限りでは不寛容

 脱原発デモの主催者が不支持に対してどんな反応を示したかは不明です。というより、おそらく、それほど気にしない、良く言えば寛容だったと言えます。
 その点、就活デモの場合、やや不寛容と言わざるを得ません。私に限らず、他にも就活デモに対して疑問を呈した、あるいは不支持を表明した人はいくらでもいました。それに対して、過剰に反応した、そんな印象を持っています。

 それから、一番大きいのは政策として私が支持できるかどうかです。脱原発は今後、日本が取り組むべき政策として支持できます。
その点、就活デモは、そもそも目指す方向がどこにあるのか、全く見えませんでした。異議を表明するのはいいのですが、じゃ解決策は何?という出口が見えないのです。一部の主催者・支持者は「新卒一括採用の撤廃」を掲げていました。
現行の新卒一括採用に様々な問題点があることは認めます。が、そうした問題点を解決しつつ制度として維持するのが私はベターな選択と感じています。少なくとも、新卒一括採用を一方的に悪者扱いすることに対して支持はできません。

 この「就活デモ不支持、脱原発デモ支持」の表明に対して「石渡は就活の利害関係者(ステークホルダー)だから不支持なんだろう」とのご意見もいただきました。
 私は就活をテーマとした取材をすることで、記事や本を書いています。その代償として原稿料や印税などをもらっています。その点では全く利害がない、というわけではありません。

 しかし、特定の就職情報会社ですとか、有料セミナーなどと取引しているわけではなく、その点で利害関係者とは言えないでしょう。
 利害どころか、昨年、某ジョ●ウェ●社長と対談、こてんぱんに言い負かしたことから、えらく嫌われたので、有害関係者かもしれません。(笑)

 私が言うのもなんですが、就活関連の論客で就活デモに対して意見表明をしているのは私とNHKの番組で就活デモ主催・本間君とやりとりした海老原嗣生さんくらいです。少なくとも、昨年の就活デモ実施時点では、ほぼ全員が沈黙されていた、かように記憶しております。

 ある論客は、「ああいう手合いはスルーした方がいい」とお話されていました。実際、就活デモ実施時点では沈黙。それが、今年2月に就活デモが参議院会館で院内集会を開催したときには「立ち上がった学生たちの勇気には拍手をしたい」と表明されていました。いやあ、人って変わるんですね(嫌味)。
 
 就活デモを支持される方にとって、不支持を表明した私にむかっとされているのは想像にかたくありません。だからステークホルダーでも悪の化身でも、なんでもレッテル貼りするのは止めません。が、それを言うなら、私以外の就活の論客がどう動いたのか、それともスルーしているのか、そっちも見ておくれよ、と思うのです。

 ところで、この脱原発デモ、主催者発表で1.5万人もの参加者がいたのに、4月12日現在、ヤフーニュースで検索しても大手メディアで報じているのは日本テレビ、CNN、ロイター。大手新聞社はどこも記事にしていない模様。
 電力会社との絡みなんでしょうか。こういう沈黙、就活デモに対する沈黙と非常に似ているような気がするのは私だけでしょうか?

b0013915_21405129.jpg

↑路線バスがデモで止まったときの一枚。いくら参加者が多すぎたとはいえ、これはちょいまずかったような。
by reiji0 | 2011-04-12 21:41 | 日記