ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 前回の続き。と言ってからしばらく間が空きました。まあ、いろいろありまして。
 話を環太平洋大学に訪問したあたりに戻します。心なしか、朝メールチェックだなんだで20分遅刻したとか、都合の悪い話はすっ飛ばします。

 東岡山駅から車で10分ほど、モダンな校舎が飛び込んできます。
b0013915_146151.jpg

 校舎に入って、お話したのはキャリアセンター長の松田智子教授。
 大学としては教員採用に力を入れているとのこと。それから公務員(消防官、警察官)も今後増やしていきたいとのことでした。
 他大学から移った松田教授が驚いたのはオープンキャンパス。同大では、オープンキャンパス終了後、教職員でミーティングを持ち、改善点があればすぐ変えるそうです。
 聞いていて、受験生を取り込もうとする意気込みは強く感じました。教職員の負担は重そうですが。

b0013915_147753.jpg


気になったのがこちらの張り紙。
何でも東岡山駅から8時だと中途半端なので6時のバスだとちょうどいいので、それを目指しているとのこと。
(左・岡野さん、右・松田教授)

続いて食堂へ。一番人気のジャンボカツ定食を注文。すると…。

b0013915_147575.jpg


 他大学のジャンボカツとはわけが違います。ワラジくらいの大きさ。どうにか、平らげましたが、この後、夕食も食べる気を無くすほどの威力がありました。周りを見ると体育会系の学生が軽々と食べていました。
 そう、この大学は体育学部がメインの大学です。その後も学内を回りましたが、体育関連の施設が充実しています。スポーツ選手にとってはまたとない環境でしょう。

b0013915_14113038.jpg


 正直、大学周辺には何もない郊外キャンパスですが、学部は体育学部と次世代教育学部という教育系学部。無理に都市型を志向しなければならない、というものでもないので大きなマイナスではありません。
 致命傷なのは、図書館。冷房を求めて学生がのんびりしているというのは置いておくとしても正直狭い。どれくらい狭いかというと、標準的な公立図書館の半分くらい。率直に言いまして、教育系学部を持っていながらこの狭さは酷過ぎます。私が進路指導担当の高校教員なら、この狭さだけで他大学への志望変更を強く生徒に求めるところです。
 スポーツ施設・設備にものすごい投資をしているのですから、なぜ図書館を軽視するのか理解できません。
 教員養成と言っても、体育教員養成が主眼でしょうから、文献はそれほど必要ないとの反論もあるかもしれませんが、それは違います。
 それから、勉強せずにごろごろしているだけの学生を追い出せばいいじゃないか、というのもちょっと違うでしょう。大学の図書館とは誤解を恐れずに言えば、暇をつぶしたい学生でも勉強したい学生と同様に利用できる環境を整備する、それが大学の役目です。

 環瀬戸内海大学と茶化した同大ですが、今後に期待できる面があることがよく分かりました。図書館の貧弱さを解消できれば、お勧め度が上がります。
 あとは、体育系の同好の士が多いことを是とするか、体育会系的な雰囲気を敬遠するのか、その辺は受験生次第か、と。
by reiji0 | 2011-08-16 14:12 | 日記