ライター(大学ジャーナリスト)石渡嶺司のブログ


by reiji0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2008年 06月 04日 ( 1 )

『蟹工船』読了

 『時間と学費をムダにしない大学選び』は絶賛発売中!

 小林多喜二の『蟹工船』がブーム、ということで各書店で平積みになっています。私も読んでみました。
 文体や方言に慣れるまでは読みづらい、など欠点はいくつかありますが、僚船がSOSを出しても放置するなど、労働環境の苛酷さを考えさせる秀作です。

 ただ、最初から最後まで暗いのがちょっと…。

 同じ貧乏ネタの本なら、『動物農場』の作者であるジョージ・オーウェルの『パリ・ロンドン放浪記』、こちらの方が好きです。

 こちらはジョージ・オーウェルがパリとロンドンでそれぞれ貧乏生活をした、そのルポルタージュです。18時間労働をする羽目になったり、そうかと思えば喰うや喰わずの生活だったり、貧乏、という点では『蟹工船』に負けず劣らずです。
 ただ、こちらの方が救いがある、というか明るいです。例えば、ロンドン編に出てくる路上絵師は、「貧乏でもどうにかなる」と考えていますし、パリ編の貧民窟に出てくる詐欺師の話も、ユーモラスです。

 今のところ、全く話題にもなっていない『パリ・ロンドン放浪記』。版元の岩波書店は絶版にしているらしく、古本でしか入手できません。ご興味ある方はお早めに。
by reiji0 | 2008-06-04 10:51 | 日記